地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

ホーム > 活動報告

活動報告

IMG_169520181217.JPG

 

2018年12月17日(月)、ワダイノカフェ2018 vol.5を開催しました。
会場は、ベルファン(和歌山市杉ノ馬場1丁目44)です。

2018年度第5回は、和歌山大学システム工学部講師の徳田献一さんに、私たちの生活の中でも欠かせなくなっている「ロボット」についてお話を伺います。

レスキューロボットから始まるロボットよもやま話

先生の話を聞く前に問いかけがありました。
「何をもって、ロボットと定義しますか?」
きちんとしたものはなく、人によって定義は異なるそうです。先生の話を聞いて自分なりにロボットはなにか、を考えていきます。ただし、正解はないので、もやもやさせるのが先生の目的なのだそうです。

徳田先生が学生の頃、ロボットについての研究というのはあまりされていないものであったそうです。そのロボット研究に急に注目が集まるようになったのは、阪神淡路大震災だそうです。震災をきっかけにレスキューロボット等ロボットについての研究がされるようになっていったそうで、2000年には、レスキューロボットコンテストが開催され、現在まで毎年開催されています。
そして、アメリカの同時多発テロの時に初めてレスキューロボットが使用されたそうです。

レスキューロボットの話の他にも普通のロボットの話から、自動販売機やエレベーターの話も出てきました。人によってはロボット?と思うかもしれませんが、当時はロボットと紹介されていたそうです。

IMG_169920181217.JPG

話の後は、先生がロボットを持って来られていて、色々紹介して下さいました。ただ、すごく簡単な動きをするものもあり、本当にロボットなのか、と考えるものもありました。

参加された方からも、「大変興味深いテーマだった。」「ロボットとは何か考えるきっかけになった。知的好奇心をかきたてられた。」などの感想をいただき、とても満足されている様子でした。

IMG_143720181026.jpg

 

2018年10月26日、ワダイノカフェ2018vol.3を開催しました。
会場は、tomato(和歌山市板屋町3 2階)です。


 

■テーマは「オトナのスポーツで和歌山を盛り上げる」

2018年度第3回は、和歌山大学教育学部准教授の彦次佳さんに、マスターズ甲子園などでにわかに注目を集める「オトナのスポーツ」について話を伺います。

オトナのスポーツの中でも、今回は、マスターズ甲子園と片男波ビーチアルティメットについて話て下さいます。
まずは、マスターズ甲子園の話から。
元高校球児たちが、大人になった今、改めて甲子園を目指すのがマスターズ甲子園。今年は、和歌山でも予選が初めて開催されて、和歌山の元高校球児が再び躍動されていました。

続いては、片男波ビーチアルティメットのお話。
こちらは、真剣にやる部門から楽しくやる部門まであり、大人も子供も親子で楽しめるものになっています。
また、こちらの大会では、ビーチアルティメットを行うだけでなく、地引網の体験をしたり、それで獲れた魚をその場で食べれたりと楽しい企画がたくさんあるそうです。

オトナのスポーツ参加によって、個人として生き甲斐を見つけたり、様々な世代との交流が生まれたり、それぞれの子供たち次世代へスポーツ文化の継承など様々な効果をもたらします。

来年2019年には、ラグビーワールドカップが日本で開催される他、ねんりんピックが和歌山で開催され、2020年には東京オリンピック、2021年には、ワールドマスターズゲームズ2021が関西全域で行われるなど、大規模なスポーツイベントが目白押しです。
特に、ワールドマスターズゲームズは、参加資格は年齢のみで参加料さえ支払えば参加できるオープンイベントと言われるマスターズスポーツ大会の種類になります。場合によっては、出場すればメダルをゲットできることも…
この機会に是非スポーツを始めてみませんか?

IMG_127520181020.jpg

 

10月20日、まちかど土曜楽交第2クールの第2回を開催しました。
会場は、和歌山市役所7階記者会見室です。
今日が、今年度のまちかど土曜楽交の最終回となります。

■和歌山カルタづくり

今回の土曜楽交は、「和歌山カルタづくり」です。
カルタを始める前に、皆にiPadを配り、和歌山県の市町村パズルゲームをしました。
市町村の名前と形だけで和歌山県の地図を完成させていくゲームでしたが、中々難しく、皆悩みながらでしたが、ちゃんと完成させていました。
どこにどの市町村があるのか、とても勉強になった様子でした。
IMG_127720181020.jpgIMG_128120181020.JPG

和歌山県の地図ゲームで市町村の位置を勉強した後は、先生が用意したカルタをします。
カルタには、市町村それぞれの特産品や特徴などが書かれていて、カルタをしながら色々学べます。子どもたちは、取れたカルタの枚数を競いながら和歌山について学んでいました。

カルタを1戦した後は、自分たちでカルタを作っていきます。
和歌山県の資料を見ながら作ります。自分が知らなかったことをカルタにしたりしていました。
IMG_128620181020.jpgIMG_129120181020.jpg

最後に、自分たちで作ったものも混ぜてカルタをしました。
自分の作ったカルタは自分で取れるように頑張ったり、友達の作ったカルタに書かれている情報に驚いたりしていました。
この授業で、和歌山のことをもっと知れてよかったなど、楽しく勉強できた様子でした。

本日の土曜楽交はここまで!

 

これで今年度のまちかど土曜楽交はすべて終了です。
どの土曜楽交もとても楽しく過ごさせていただき、もう終わってしまったのかと寂しく感じます。
土曜楽交に参加して下さった皆様、担当して下さった皆様、スタッフの方々に心から感謝申し上げます。
一年間本当にありがとうございました。

カテゴリ:活動報告

タグ:カルタ 名産品 和歌山 和歌山大学 土曜楽交 社会

2018年10月22日 15:44

IMG_126620181013.jpg

10月13日、まちかど土曜楽交第2クールがスタートしました!
今回は、10月13日と20日の2回行います。

本日の会場は、和歌山勤労者総合センター4階大会議室1です。
本日の先生は、実験・工作キャラバン隊です。

■水性ペンの色を分けよう!

始めは、「水性ペンの色を分けよう!」

色についての説明を先生から聞いた後、実際に、水性ペンを使って実験をしていきます。
紙に水性ペンで自分の好きなようにデザインをしていきます。
デザインをすると水につけてぼやかしたような色にして、新聞紙に挟むなどして水気をとばせば完成。
IMG_125520181013.jpgIMG_125620181013.jpg
皆、とても色とりどりできれいにできていました。
最後にラミネートを貼って、お家に持って帰りました。

■化石のレプリカをつくろう!

続いては、「化石のレプリカをつくろう!」

今回は、アンモナイトの化石のレプリカを作っていきます。
レプリカを作るのに、先生が用意してくれた型に、水でドロドロにした石膏?を流し込んで、あとは待つだけ。
とても簡単に出来るのに、子供たちはびっくりしていました。
レプリカが出来上がるまで、先生に化石について色々教えてもらいました。
IMG_126820181013.jpgIMG_126920181013.jpg
皆とても上手に出来ていました。
完成した化石のレプリカも、お家に持って帰りました。

子どもたちからは、「ふだんできないことができてうれしい」「いろいろなことができて楽しかった」など、実験や工作をしながらの授業に楽しんだ様子でした。

 

本日の土曜楽交はここまで!

次回のまちかど土曜楽交第2クールは、10月20日(土)です。
お楽しみに!

 

IMG_0265.JPGのサムネール画像

 

7月14日、まちかど土曜楽交第1クールの

2回目を開催しました。

会場は和歌山大学です。

 

■「楽しくてためになる社会科楽習~和歌山県人生ゲーム~」

今日の授業は、和歌山県の市町村を当てることから始まりました。6つの班にわかれ、それぞれの班に、和歌山県の市町村に区切られた大きな白地図が配られます。そこに、市町村名が書かれた付箋を子供たちが、「ここかなぁ~」と相談しながら、貼っていき、和歌山県の地図を完成させました。次に、先生と答え合わせをしました。自分たちの住んでいる和歌山県ですが、知らない地名や場所の市町村がいっぱい!特に北山村は和歌山県から少し離れたところにあるので、みんな、驚いていました。

IMG_0277.JPG     IMG_0279.JPGのサムネール画像

 

そして、次にこの地図を使ったすごろくゲームを開催。このゲーム、先ほどの和歌山県の地図を盤にし、各市町村に講師の先生方手づくりの特産品カード、偉人カード、ミッションカードが置かれており、進んだ市町村においてあるカードに書かれた内容を実行し、ポイントを稼いでいくゲームです。班ごとに総獲得ポイントを出し、競うとあって、みんな必死!カードの中には「和歌山城を書いてみよう!かければ100ポイントゲット」などもあり、班ごとに渡されたiPadで和歌山城の写真を見ながら、とても上手にお城の絵を書いている子供もいました。

IMG_0298.JPG   IMG_0292.JPGのサムネール画像 

 

1ゲーム終わった後は、子どもたちがこのカードを作りました。みんな、本やiPadで調べながら、特産品や偉人カードを作っていました。有田の特産品のぶどう山椒を先生に質問している子供もいました。山椒の70パーセントが和歌山で生産されていて、中でもこのぶどう山椒は高級品で香りもとびきりいいそうです。特産品や偉人について知るいい機会だったようです。今度は子供たちの手づくりカードをいれて、2ゲーム目を開催!みんな、慣れた様子でスムーズにゲームも進みました。最後に子供たちに感想を発表してもらいました。「楽しみながら、和歌山県の地名や特産品が覚えれた!」「知らない偉人がたくさんいた!」「ゲームに負けて悔しかった!」など・・・みんな、楽しみながら、和歌山県のことを学べたようです。

 

IMG_0302.JPG   IMG_0313.JPG

 

 

本日の土曜楽交はここまで!

まちかど土曜楽交第2クールは、10月中旬を予定しています。お楽しみに!

 

カテゴリ:活動報告

タグ:人生ゲーム 偉人 和歌山県 土曜楽交 特産品

2018年07月27日 16:07

IMG_032720180719.jpg

 

2018年7月19日(木)、ワダイノカフェ 2018 vol.2が開催されました。
会場は、つぶらカフェ三番丁店です。

今回は、和歌山大学観光学部准教授の中串孝志さんにお話を伺っていきます。

火星大接近 なんでも相談所

今年は、15年ぶりの火星大接近があるということで、火星についてのお話など色々聞いていきます。
また今回は、つぶらカフェさんの屋上も使わせていただき、天体観測会も行いました。

はじめに、時間的にはまだまだ明るいですが、夜空と比較をするために屋上に登って観測しました。
カフェの中に戻ってきてからは、先生から、火星について色々お話を聞いていきます。
まずは、今回のテーマにもなっている火星大接近について。そもそも大接近と最接近とは何が違うのかという話や火星とはどんな星なのか、地球と火星の位置関係についてなど聞きました。
知っているようで中々ちゃんとは知らない火星についての話に、参加された方も興味深そうに聞かれていました。

話を聞いている間に日も沈んできて暗くなってきたので、再び屋上に上がって天体観測会を行います。
IMG_033820180719.jpgIMG_034020180719.jpg
先生の話だと、火星の見頃は0時頃だそうなので、まだはっきりとは見えませんでしたが、何とか見ることができました。
他にも月や星を見ながらそれらの話を聞いていました。

参加者の方からは話だけでなく、観望会もできて良かったとの感想をいただき、とても満足している様子でした。

IMG_0196.JPG

 

2018年6月23日(土)、今年度のまちかど土曜楽交が始まりました。
今年度は年4回の開催予定になります。
第1クールは、6月23日と7月14日の2回開催します。
会場は、和歌山大学です。

 

■土曜楽交とは

土曜楽交は、将来教師を目指す学生が講師となり、オリジナルの教材を使って、楽しく遊ぶ授業。和歌山を学ぶをコンセプトに、理科実験やiPadを使った授業を展開します。

 

■1時間目は「芳香剤をつくろう!」

まずは、先生の手品で授業スタート!

コップに水を注ぎ、先生が子供達の頭の上でコップをさかさまにします。頭から水をかぶらないか、ハラハラしていましたが、なんと零れません。              

IMG_0193.JPG     IMG_0199.JPG         

先生の手品にみんな大盛り上がりでした。

手品で盛り上がったら先生から種明かしをしてもらいました。あらかじめ超吸水性樹脂というものをコップに入れていたので水が零れなかったそうです。超吸水性樹脂は片栗粉のような白い粉で、オムツや保冷剤などにも使われており、水をジェル状に固め吸収します。
だから、コップから水が出てこなかったのかとみんな納得したようです。

そして、いよいよ芳香剤作り!                              

先ほどの手品でも使った樹脂入りのコップに、子供たちは、好きな色の水を入れ、香りのもとを数滴たらします。かき混ぜると水が固まっていき、いい香りもしてきました。固まったジェル状の水は香りを出しながら少しずつ蒸発し、なくなっていくそうです

IMG_0211.JPGのサムネール画像

IMG_0205.JPGのサムネール画像

 

みんな上手に芳香剤を作れていて、大事にお家へ持って帰っていました。

 

■2時間目は「にぼしの解剖をしよう!」

まずは、何も見ないで魚の絵を描いてみました。
みんな書き終わったら実際に魚を見て答え合わせをしていきます。魚を観察しながら、先生から魚について、ヒレは何個あるのか、体の各部分の名前などを教えてもらいました。

IMG_0238.JPGのサムネール画像   IMG_0225.JPG


次ににぼしの解剖です。頭の部分で折って、次に背中と割っていくのですが、小さくて、ポロポロ崩れるにぼしにみんな大苦戦!でも、目玉、えら、脳、心臓と各部分を見つけたときは、嬉しそうな声が上がっていました。小さな魚にも人と同じような臓器があるんだなぁと感じた子もいたようです。

IMG_0255.JPGのサムネール画像 IMG_0252.JPGのサムネール画像

本日の土曜楽交はここまで! 

次回の土曜楽交は、7月14日(土)です。
お楽しみに!

 

※この記事は重要ですので、当面トップに表示されます。

 

和歌山大学松下会館事務室をご利用のみなさま

平素は、和歌山大学の生涯学習事業および地域連携事業について多大なるご協力をいただき深く感謝いたします。

このたび、和歌山大学松下会館事務室(生涯学習部門、地域連携部門)、は、平成30年3月3日付けで下記に移転することとなりました。20年にわたる西高松での事業に対し、多くの方にご愛顧いただき誠にありがとうございました。

なお、平成30年3月以降の生涯学習事業および地域連携事業につきましては、引き続き企画・運営していくとともに、地域との連携も積極的に図っていく所存でございます。今後とも何卒ご理解、ご支援くださいますようお願い申し上げます。

移転等についての詳細は下記の通りです。

 記

【移転先住所】
〒640-8510 和歌山市栄谷930
和歌山大学本部共通棟 3F(南1号館 3F)

【電話】
生涯学習部門:073-457-7152
地域連携部門:073-457-7126

【FAX】
生涯学習部門:073-457-8020
地域連携部門:073-457-7133

※3月5日より業務再開です。

 


 

カテゴリ:お知らせ 活動報告

タグ:移転 重要

2018年05月01日 09:32

IMG_000320171216.jpg

 

12月16日、まちかど土曜楽交を開催しました。
会場は、和歌山市役所7階記者会見室です。
本日が今年度のまちかど土曜楽交の最終回となります。
 

■「小学生でもできる!簡単プログラミング」

最後の土曜楽交は、プログラミングです。
アプリで動かせるスパークというものを使ってプログラミングをしていきます。
先生がスパークを動かしながら簡単な説明を行っていきます。
先生の説明を聞いたら一人一人にスパークが渡されてみんなも使っていきます。みんな初めて見るようでとても興味津々な様子でした。

始めはiPadで手動操作しながらスパークを動かしていきます。

IMG_000620171216.jpgIMG_001720171216.jpg

床で自由に動かしてみたり、先生が用意したルートの上をはみ出ることなく上手に動かしてみたりなどしました。
手動での操作にも子どもたちは慣れてきたようです。
手動操作に慣れたら、先生と、スパークを使っただるまさんがころんだをしました。先生が振り向くタイミングでうまく止めるのがとても難しそうでした。

続いては、スパークの動きを簡単なプログラミングを使って操作していきます。
iPadのスパークを動かすアプリから、指示を出せる機能を使って自由に操作していきます。みんな、この指示にはどのくらい動くのかなど色々試していました。
みんな上手に動かせるようになってきたら、スパークを使ったカーリング大会を開催しました。スパークはプログラミングで操作して、2人対戦で勝負します。
始めは、的との距離感が上手く掴めなかった子たちも、段々距離を調整していって的の中で勝負するようになり、とても良い勝負をしていました。

IMG_002120171216.jpgIMG_002320171216.jpg

カーリング大会の後は、先生の指定した場所を通ってゴールまで動かしていくゲームなどをしていました。
最後の方には、みんな自由自在に動かせるようになっており、とても楽しそうに遊んでいました。

本日の土曜楽交はここまで!

 

これで今年度のまちかど土曜楽交は全て終了です。
どの土曜楽交もとても楽しく過ごさせていただき、もう終わってしまったのかと寂しく感じます。
土曜楽交に参加して下さった皆様、担当して下さった皆様、スタッフの方々に心から感謝申し上げます。
一年間本当に有難うございました。

カテゴリ:活動報告

タグ:iPad スパーク プログラミング 土曜授業 土曜楽交

2017年12月22日 11:41

2017年12月10日フォルテワジマの4階会議室にて「ワダイノカフェ2017vol.6」を開催しました。

■テーマは「今、和歌山大学硬式野球部がおもしろい!」

2017年度第6回は、和歌山大学硬式野球部監督の大原弘さんと同部前キャプテンの眞鍋雄己さんに、和歌山大学硬式野球部についてと和大野球部全国大会奮闘記を伺います。

近畿学生野球連盟1部の春季リーグで初優勝を飾った和歌山大学硬式野球部。それだけでなく、神宮球場で行われた全日本大学野球選手権大会でも初出場初勝利を飾り、2010年の北海道大学以来7年ぶりの国立大学のベスト8進出を決めました。残念ながら二戦目の上武大学戦では惜しくも負けてしまいましたが、和歌山大学の文字が新聞などメディアを賑わせました。

大原監督からは、監督に就任してからの和歌山大学の戦績や近年の近畿学生野球連盟1部リーグの状況等を話していただいきました。和歌山大学の苦戦が続いていた様子は勿論、1部ではここ何年も優勝している圧倒的に強い大学があり、和歌山大学がそこで優勝するのはとても厳しいだろうことが分かるようなものでした。

 大原監督は、大学生だからこその考える野球を実践し、選手が自己マネジメントを行うことで勝てるチームを作ってこられました。そうした考える力、人間力を磨くことは、野球人としてだけではなく人間として成長させてくれたそうです。

IMG_0010.JPG       IMG_0008.JPG

また、ここでリーグ戦が和歌山で開催されるようになった経緯もお話して下さいました。

和歌山大学は、近畿学生野球連盟1部リーグを戦うにあたり、大阪や兵庫京都など遠方への遠征が多く雰囲気はアウェイの事が多かったそうです。そこで和歌山でも試合を開催できるように様々な企業やマスコミなど色々な繋がりを経て紀三井寺球場での開催まで漕ぎつかれたそうです。

こうした繋がりを監督は大切にしておられて、学生も実践するようにしていました。例えば学生の名刺一つとっても、その学生の出身校や出身地など少しでも会話が広がるきっかけのようなことが書かれていて、繋がりをもてるような工夫をしていました。そうした監督が大切にしている繋がりが和大硬式野球部の地元和歌山開催を実現させたのです。

和大野球部の高校生を対象にした野球練習会には、多くの高校生が参加しており、和歌山の高校生の他にも全国各地から来られる。その中には、全国でも屈指の実力を持った高校などからも参加されていて、改めて大原監督の繋がりを大切にした活動と和歌山大学への注目の高さを感じました。

本日は、神宮での熱戦の話に盛り上がったのは勿論、監督の理念や選手との信頼関係、人間力を磨いていくことなど野球以外のことにも通じる部分があり感銘を受けていました。

 

                                                  

12345678910 |