地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

ホーム > 活動報告

活動報告

IMG_000320170215.jpg

2017年2月15日和歌山市板屋町にあるカフェ「Tomato」にて「ワダイノカフェ 2016 vol.10」が開催されました。

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。

テーマは「農産物の価格変動から見る日本の食料流通システム」

ゲストスピーカーに和歌山大学COC+推進室の大坪史人先生を迎え、日本の食料流通事情についてお話を伺いました。

話の聞き手となるホストは、同じくCOC+推進室の冨永哲雄先生です。
IMG_000520170215.jpg
野菜の価格がスーパーは3倍になるのに直売所ではほとんど変わらないということが珍しくありません。
農産物が生産者から消費者の手にわたるまでにはさまざまな方法があります。市場や仲卸業者を通したやり方や直接スーパーなどへ販売する方法、そして直売所などで販売する方法などです。直売所での販売は、スーパーなどでの販売と違い、形や大きさなどが一定でなくても販売出来ますし、値段も自由につける事が出来ます。
ただし、その値段設定などには責任が付きまとう事を心掛けておかなければなりません。当然、形も不格好で小さい物に高い値段をつけても売れるはずもありませんし、値段を安くつけすぎれば全部売れるかも知れませんが利益が殆どなくなります。そういったそれぞれのメリット・デメリットがある中でどういった流通を使って販売していくのかを学びました。

後半では、和歌山市の農産物で特産品である生姜や布引大根の紹介がありました。
IMG_001420170215.jpgIMG_001520170215.jpg
そして、6次産業化体験で、大坪先生お手製のジンジャーシロップを炭酸水で割ってジンジャーエールにして飲んだり、梅のシロップを加えて梅ジンジャーを飲んだりしました。炭酸水などで割る割合を変えたりしてそれぞれのベストな割り方を見つけられていました。
また、実際に市販されているジンジャーエールや「Tomato」さんのジンジャーエールとも飲み比べをして違いなどを語り合いました。また、今回の参加者の中にいちご農家の方が居られ、育てられているイチゴを3種類持ってきていただき皆でおいしくいただきました。他にもいちじくやブルーベリーのジャム、布引大根や人参に金山寺みそをつけて食べたりと地元食材を堪能しました。
大坪先生の話を伺いながら参加者の方からもさまざまな意見が出て活発な議論が展開されました。

IMG_000820170111.jpg

新年明けましておめでとうございます。
今年最初のワダイノカフェ、「ワダイノカフェ 2016 vol.9」が開かれました。
会場は、ぶらくり丁にあります「take"A"cafe」さんです。

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。

テーマは「山東地区と根来の意外な関係 歴史・文化財を活用したまちづくりを考える」

今回は、和歌山大学教育学部/観光研究科の海津一朗先生と山東まちづくり会の吉田泰士さんをゲストに迎え、ゆるキャラから歴史・文化財まで幅広い視点でまちづくりについてお話いただき皆さんと考えていきます。
IMG_000220170111.jpgIMG_002220170111.jpg
初めに根来衆について知るために海津先生に解説してもらいながら「仮面の忍者 赤影」を見ました。そこから、根来衆や根来という土地について、さらには、根来と山東地区の関係についてもお話いただきました。
後半は、山東まちづくり会の吉田さんに、山東地区の歴史や風土、山東まちづくり会の活動などをご紹介いただきました。その中で登場したワダイのゆるキャラ「たけのこまん」。その容姿にいろいろな意見もあるようですが、山東の特産品のたけのこやみかんをモチーフに、日々山東地区のために活動しています。
参加者からは、山東地区の地域活性化として、たけのこまんをもっと活用をしてみてはどうかとの意見もでてもりあがりました。

IMG_000320161221.jpg

2016年もいよいよ終わりに近づいてきた12月21日、「ワダイノカフェ  2016 vol.8」が開催されました。
会場は、和歌山市万町にあります「シェアキッチンPLUG」さんです。

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。

テーマは「日本の図書館 世界の図書館」

ゲストスピーカーに、和歌山大学附属図書館館長の渡部幹雄先生を迎えて日本の図書館と世界の図書館事情についてお話を聞きました。

IMG_003420161221.jpgIMG_003620161221.jpg
現在、和歌山市民図書館が移転されるという事もあり注目されている図書館事情。
まずは、図書館を取り巻く環境の変化についてお話いただきました。1950年の図書館法制定以降、保存管理型から貸出と児童に力点型、電算化と滞在型となり、2010年以降ではアクティブラーニング課題解決型・まちづくり型となっていき、それに合わせて図書館の設備も、重厚な家具や権威的な建物から開放・提供的なワンフロアーの建物、そして児童書庫の普及など変化してきたそうです。
続いて和歌山県にある図書館の情報などを例に、図書館設置の都道府県格差、自治体間格差についてお話いただきました。
他にも今まで渡部館長が携わってきた図書館の紹介や、図書館先進国の状況などを詳しくお話いただきました。
今までの日本の図書館を取り巻く流れや海外の図書館の事など、みなさん感心された様子で聞かれていました。
参加した方からも、新たに図書館の働きを知る事が出来てよかった、などの意見をいただきました。

2016年度の土曜楽交もいよいよ最後の授業となりました。
場所は、和歌山市役所7階記者会見室です。

今日は、「液体万華鏡をつくろう!&ふきだまであそぼう!」
先生は、実験・工作キャラバン隊のみなさんです。
IMG_000220161217.jpg

1時間目は、液体万華鏡をつくります。
鏡を使って万華鏡の仕組みを教えてもらいました。
IMG_000720161217.jpg
2枚の鏡を近づけていくと、鏡の前に置いた人形がだんだん増えて見えてきました。
これが、万華鏡で使われている仕組みのようです。

万華鏡のことを勉強したところで、先生が用意してくれたものをつかってオリジナルの液体万華鏡を作りました。
IMG_001620161217.jpgIMG_002020161217.jpg
万華鏡が完成したら、ちゃんと見えるか確認。
みんな上手にできたみたいですね。とても楽しそうにのぞいていました。

2限目は、ふきだまであそぼう!です。
ドライヤーや風船を使ったふきだまの説明をききます。
IMG_003820161217.jpgIMG_004020161217.jpg
ドライヤーの風をななめから当てても玉はちゃんと浮くんですね!
みんなもドライヤーではないけども、ストローをつかったふきだまをつくっていきます。
IMG_003520161217.jpgIMG_003120161217.jpg
ふきだまが完成したら、みんなであそびました!
はじめは息が強くたまがとんでいったりして、なかなかむずかしかった様子でしたが、途中からは、みんな上手に玉を浮かせれましたね!中には、ななめに吹いて浮かせれた子もいました!

本日の授業はここまで!

これで今年度のまちかど土曜楽交は全て終了です。
この土曜楽交をとても楽しく過ごさせていただき、もう終わってしまったのかと寂しく感じます。
土曜楽交に参加して下さった皆様、担当して下さった皆様、スタッフの方々に心から感謝申し上げます。
一年間本当にありがとうございました。

第4クールの土曜楽交は、はやくも4回目になりました。
本日の会場も、和歌山市役所7階記者会見室です。

今日の授業は算数です。
先生から数字の書かれた紙とダイヤル式の鍵のかけられた箱が一人一人に配られました。
数字は、ある素数の掛け算の答えになっていて、その素数が鍵を開ける答えです。
先生から、素数の一覧と計算機を受け取ったら、さっそく挑戦です!
IMG_000520161210.jpgIMG_000620161210.jpg
みんな、なかなか悩んでいます。
一人で解く子や先生にヒントをもらいながらがんばる子などさまざまですが、みんなあきらめることなく問題をとけました!
鍵を無事開けることができて、景品をゲットできました。

一番多くできた子は、なんと6問も答えていました!

続いては、数字のマジックです。
IMG_001620161210.jpgIMG_001720161210.jpg
2ケタの数字を3回かけてでた数字を言ってもらうだけで、何の数字をかけたのかが分かるマジックや、カレンダーの曜日をあてるマジックなど、いろんな算数を使ったマジックを紹介してくれました。
計算機を使ったりしないので、学校などでやるとみんなをびっくりさせれるかもしれませんね。

本日の土曜楽交はここまで!

次回の土曜楽交は、12月17日(土)です。次回が2016年度の土曜楽交最終回となります。お楽しみに!

カテゴリ:活動報告

タグ:マジック 土曜授業 土曜楽交 算数 素数 計算

2016年12月13日 13:36

2016年度第4クール3回目の土曜楽交です。
会場は、和歌山市役所7階記者会見室。

今日のテーマは、「カニ博士になろう」
カニって海でつかまえたり食べたり、けっこう見てるはずなのに、細かい部分ってどうなってるのでしょう?
先生から何も見ないでカニの絵を描いてみようと言われましたが、うまく描けるかな?
IMG_000920161203.jpg
目や口の場所、足の本数など、きちんと覚えているでしょうか。
足の本数などは合っている子が多かったですが、おしりの場所などいつもはあまり見ないようなところは難しかったようです。

つづいては、色々な種類のカニを紹介。
貝の中で生活するカニなどちょっと変わったものから、毒をもつカニなどいろいろ教えてもらいました。
IMG_002020161203.jpgIMG_002120161203.jpg
さらには、何種類かカニの標本も見せてもらいました。
IMG_005220161203.jpg

いろいろなカニを教えてもらったところで、カニクイズ!
IMG_002220161203.jpgIMG_002520161203.jpg
日本にいるカニの種類の数やカニのなかまはどっちかなどの問題がありました。
みんな、よく出来ていましたね。

カニクイズも終わったところで、いよいよカニの登場です!
ハマガニやアシハラガニなどいろいろな種類のカニがいました。
先生に持ち方を教わって実際に持ってみて、観察してみます。
IMG_005920161203.jpg
IMG_004320161203.jpgIMG_004920161203.jpg
みんなとても楽しそうにカニを観察していました。
観察をしてから、もう一度カニの絵をかいてもらうと、みんなちゃんと特徴をとらえてかくことができました!

本日の土曜楽交はここまで!

次回は、12月10日(土)です。お楽しみに!

カテゴリ:活動報告

タグ:かに 土曜授業 土曜楽交 標本 理科 生物 観察

2016年12月06日 15:58

2016年度土曜楽交中学生編の2回目。
会場は、ひきつづき和歌山市役所7階記者会見室です。

今回の授業は、「和大教育学部生が教える 中学理科・数学」
前回の授業と同じくiPadを使って学んでいきます。
IMG_000520161203.jpgIMG_001120161203.jpg

前回の授業で扱った数学などのアプリの他にも星座のアプリなど新しいものを紹介してくれました。
また、動画を撮影するアプリも紹介し、土曜楽交の小学生たちが学んでいたカニなどを撮影していました。
カニについては、知らない部分もありとても勉強になりました。
IMG_006420161203.jpg

他にも漢字アプリなど理科・数学以外の楽習もしました。
IMG_005520161203.jpg

今年度の土曜楽交(中学生編)はこれでおしまい!

ありがとうございました。
 

カテゴリ:活動報告

タグ:ICT タブレット 動画 土曜授業 土曜楽交 学習アプリ 数学 理科

2016年12月06日 15:45

IMG_000220161128.jpg

2016年11月28日、「和歌山大学観光学部デジタルドーム」で、「ワダイノカフェ 2016 vol.7」を開催しました。

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。

今回のテーマは「ナミブ砂漠へ行ってきました!-帰ってきた宇宙カフェ-

今回は、昨年まで和歌山大学で一緒に宇宙カフェをご担当いただき、現在は飯田市立美術博物館でプラネタリウムを担当する吉住千亜紀さんと和歌山大学観光学部尾久土先生をゲストに迎え、今年5月に尾久土教授や吉住さんとゆかいな仲間たちがナミビア共和国へ行ってきたお話を伺いました。
IMG_001420161128.jpg
関西テレビと阪急交通の方もお越しくださり、ツアー当時の様子をくわしくお聞きすることができました。ナミビア共和国の伝統音楽をBGMに、たくさんの写真とともにナミビア共和国の解説やむこうでのできごとを聞かせていただきました。
お話後には、デジタルドームシアターでナミビアの星空を見せていただきました。
IMG_001620161128.jpgIMG_002120161128.jpg
日本では見る事の出来ない綺麗で大迫力の星空やナミビア共和国の大自然。
頭上に360°映し出される大迫力の映像を見ながら、旅行中の出来事やナミブ砂漠の様子などその当時の様子を語っていただき、まるで私自身がナミビアを旅したような気分になりました。
参加者の方々からは、このデジタルドームシアターで見たナミビアの様子がとても好評をいただきました。

2016年度第4クール第2回の土曜楽交です!
会場は、和歌山市役所7階記者会見室です。

この授業は、「和歌山の魅力いっぱいジオラマをつくろう!」です。

最初に先生から、和歌山県の特産品や有名な場所・建物の質問がありました。
和歌山城や高野山をはじめ、みかん、熊野大社などたくさん挙げてくれました!みんなよく知っていますね。
さぁいよいよ、ジオラマづくりに入ります。
IMG_000120161126.jpg
今回は、ダンボールでジオラマを作ります。先ほど挙げてくれた和歌山のものを作っていきます!

IMG_000420161126.jpgIMG_001020161126.jpg
先生に手伝ってもらいながら、ダンボールやカラーテープ、折り紙を使いながら作ります。
みんな何を作っているでしょう。

休憩を入れながら、約1時間半後、いろんな作品が出来上がりました。
IMG_001820161126.jpgIMG_002320161126.jpg
和歌山城に那智の滝、熊野大社などが出来上がりました。
最後に、和歌山県を描いた紙にみんなの作品をのせて完成!
IMG_002720161126.jpgIMG_002920161126.jpg

みんなすごく上手に出来ましたね。

本日の土曜楽交はここまで!

次回は、12月3日(土)です。お楽しみに!

カテゴリ:活動報告

タグ:ジオラマ 名勝 和歌山 土曜授業 土曜楽交 特産品 社会科

2016年12月02日 13:13

IMG_000120161116.jpg

2016年11月16日、和歌山市万町4にある「シェアキッチンPLUG」で「ワダイノカフェ 2016 vol.6」を開催しました。

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。

テーマは「『地元』を選ぶ理由とは?-暮らしと地域の関係性」

第6回のワダイノカフェでは、2016年1月に着任された和歌山大学COC+推進室の友渕貴之先生と、地元就職・Uターン・Iターンなど様々な居住歴を持つ30代前後の地域住民の方々をゲストに和歌山で暮らすことについてお話を伺いました。

初めに友渕先生や地域住民の方々の和歌山に来るようになった経緯をお話いただきました。その後、参加者の方々にも自身の居住歴をグラフで書いて、和歌山に住まれた様々な経緯を皆で比較しました。
IMG_004520161116.jpgIMG_006020161116.jpg
生まれてからずっと和歌山で過ごしている人や結婚を機に和歌山に来られた方などさまざまな方がいらっしゃいました。和歌山に住む事になった経緯を比較してみる事で和歌山市に若者を呼び込むきっかけを見つけられるのではないでしょうか。
後半は、和歌山について2つのグループに分かれて意見を出し、それぞれのグループでどのような意見が出たのか発表しました。和歌山の良い面も悪い面もでていました。

今回のワダイノカフェを通して、「自分の転機を改めて考えることができてよかった」「和歌山を少し知れたような気がします」など改めて自身の事や和歌山について見直すきっかけになったようでした。

<<前へ | 12345678910 |