地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

ホーム > 活動報告

活動報告

9月30日のワダイノカフェが開催!

テーマは「トレイナートプロジェクトが地域を変える、アートが地域を創造する」です!

今回は板屋町にあるTomatoで開催しました。

20150930 アート 0002.JPG

ナビゲーターは和歌山大学客員教授の鈴木裕範先生と、紀の国トレイナートアートプロデューサーの廣本直子さんです。

 

まずは廣本さんからJRきのくに線で開催されるアートプロジェクト、紀の国トレイナートについてお話いただきました。

田辺の古民家で様々な芸術イベント活動をする中、JRが駅舎を活用することに前向きだということを聞いて、「駅舎にアートを描き、電車でめぐることができれば楽しいのでは?」という発想が浮かんだそう。

JRきのくに線に特別に臨時列車を出してアートイベントを行うということで、廣本さんと関わっていた多くのアーティストの協力を得て実現にいたりました。

20150930 アート 0006.JPG

電車内でのカフェラテ販売やプラットホームでの積木の茶室での茶会などの魅力的な催しや、今年の駅舎アートの一部をご紹介くださり、私も紀の国トレイナートに参加してみたいなと感じました!

 

続いて鈴木先生からのお話は、様々なまちのアートを例にしたアートプロジェクトの現在と未来について。

20150930 アート 0010.JPG

アートプロジェクトと地域の関わりやアートプロジェクトが地域の再生や活性化にどうつながっているのか・・・その特色、可能性や課題、成立する要件など多岐にわたるお話を聞かせていただきました。

 

最後に鈴木先生と廣本さんに質問、フリートークのお時間をいただきました!

20150930 アート 0017.JPG

ご参加いただいた方々が真剣にアートプロジェクトとまちづくりについて考え、様々な意見・質問を投げかけてくださったため、終了予定時間を超えてもお話が続き、有意義な時間となりました!

鈴木先生、廣本さん、貴重なお話をありがとうございました!

 

本日のカフェはここまで。

次回のワダイノカフェは10月29日にサイエンスをテーマに開催!(詳しくはこちら

お楽しみに!

まちかどサテライトの本格的活動が始まってから4年以上にわたり開催していた「宇宙カフェ」がこのたび50回を迎えました。ここまできましたのも一重に先生方や参加者のみなさまのお陰です。心より感謝申し上げます。

この50回に寄せて、これまでナビゲーターをされた先生やまちかどサテライト元スタッフよりお祝いメッセージを頂きましたので、ご紹介いたします。

message.jpg

PDF版はこちらから → message.pdf

 

また、50回を迎え今更ながら「なんで宇宙カフェを始めたんだ」や「50回やってきてスタッフ後藤の宇宙知識レベルはあがたのか」など質問をいただきましたので(笑)、それにお応えしつつ、感謝の気持ちを書き記したいと思います。

<Q1>なぜ宇宙カフェを始めようと思ったのか?

「サイエンスカフェ」という言葉が広まり始め、一般の人が気軽にサイエンスに触れるコミュニティがあると知ったのが、私がコーディネーターとしてまちかどサテライトに着任してすぐのことでした。サイエンス好きな私としてこういう場を作りたいと思っていたところ、前年の2010年にはやぶさが帰還、その中継を和歌山大学が行ったのを知り、「これだ!」と思ったのがきっかけです。

<Q2>スタッフ・後藤の宇宙知識レベルはどうなったのか?

おそらく参加者・スタッフ含め50回全てに参加したのは私くらいなのではないでしょうか?おかげさまで私の宇宙知識レベルはどうなったかというと…結構あがりましたよ、本当に!まぁもともと有名な星座くらいしか知らないレベルだったので、伸びしろしかなかったというだけなのですが。
この50回で季節の星座を見ることができるようになったし、UNIFORM-1のことも人に紹介できるくらいになったし、星にまつわる神話や文化的なことも知ったし…!と個人的には思っています(笑)

<Q3>これまで宇宙カフェを開催してきて

少ないスタッフで細々とやってきた宇宙カフェが50回を迎えられるとは、やり始めた頃には想像できなかったことで、本当にみなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。
ただの「お客さん」ではなく、コミュニティをつくる「一員」としていつも手を貸してくださる参加者のみなさまのご協力でなんとか運営してこれたなぁと思っています。そしてこれが、「宇宙カフェ」の一つのスタイルとして定着してきたことを嬉しく思っています。

 

宇宙にかぎらずサイエンスは日進月歩。
どんどん新しいことがわかり、知らないことは尽きません。
これからもみなさんと一緒に学びながら、このコミュニティを大切にしていきたいと思います。

今後ともどうかよろしくお願いいたします。

cafe08.JPG

2015年9月30日 和歌山大学まちかどサテライト 地域連携コーディネーター 後藤

カテゴリ:活動報告

タグ:50回 カフェレポート 宇宙カフェ

2015年09月29日 16:36

シルバーウィークの最終日となった9月23日、講演会終了後すぐ会場を移していつもの「宇宙カフェ」を開催しました。

「宇宙カフェ」とは、和歌山市と和歌山大学の連携事業で、まちなかのカフェなどで宇宙関係の専門家と一般の人が飲み物片手に宇宙に関する話題を語り合うコミュニティの場です。2011年7月にスタートし、今回で50回目を迎えました。

cafe07.JPG

こども科学館から移動してひとまず席に着いたら、これまでの宇宙カフェの振り返り。

いやー、これまでいろいろありましたね、と話をしたかったのですが、機材トラブルにより急きょ吉住先生が進行することに。これまでのナビゲーターやスタッフからいただいたお祝いメッセージを紹介したり、いろんなテーマを紹介したり…

Skypeで中継したみさと天文台の矢動丸さんからもメッセージもいただきました。

みなさまありがとうございます。

cafe02.JPG

乾杯して一段落したところで、再び吉川先生のご登場。先ほどの講演会の続きをさらにお話してもらいます。講演会では1つしか紹介されなかった模型もどんどんでてくる…(笑)

cafe05.JPG

今回は50回記念ということもあり、軽食つき。食事をしながらお話を聞きつつ、吉川先生に自由に(しかも直接!)質問して多くの方が楽しんでいました。

cafe03.JPG

最後になりましたが、遠方よりお越しいただきました吉川先生、ありがとうございました!

今回を持って、月1回の定期開催から不定期開催へとなりますが、今後共宇宙カフェおよび和歌山大学宇宙教育研究所、まちかどサテライトをどうぞよろしくお願いいたします。

 

▼講演会の様子はこちらからどうぞ!
宇宙カフェ50回記念講演会を開催しました!
http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2015/09/23-kouenkai.php

和歌山市立こども科学館でシルバーウィークの最終日となる9月23日、宇宙カフェ50回記念特別講演会「太陽系天体探査の最新情報」を開催しました。

この講演会は、和歌山市と和歌山大学の共同企画「宇宙カフェ」の50回を記念したもので、宇宙航空研究開発機構(通称JAXA)から吉川真先生をゲストにお招きしました。

yoshikawa02.JPG

▼吉川先生プロフィール

宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所・准教授。理学博士。「はやぶさ2」ミッションマネージャ。1962年、栃木県栃木市生まれ。東京大学理学部天文学科卒業。同大学院卒業。日本学術振興会の特別研究員を経て、1991年からは郵政省通信総合研究所に勤務。1996年にはフランスのニース天文台に1年間派遣。1998年に文部省宇宙科学研究所に異動。2003年10月からは、組織の統合により現在に至る。専門は天体力学。「はやぶさ」や「はやぶさ2」等の太陽系天体探査ミッションを中心に惑星探査関連の研究をしている。また、天体の地球衝突問題(スペースガード)についても研究を進めている。

 

当日は小学生から大人まで約80人が参加。大人にとってはちょっぴり懐かしい科学館のプラネタリウム室で、大きなスクリーンを眺めました。

最初に和歌山大学宇宙教育研究所の秋山所長から挨拶と吉川先生のご紹介。

akiyama.JPG

吉川先生と秋山先生は「はやぶさ」よりずっと以前からお付き合いの間柄のようで、単純な略歴紹介ではわからないお話も聞けておもしろかったです(笑)

yoshikawa01.JPG

そしていよいよお待ちかね、吉川先生の登場!

今回のテーマは「太陽系天体探査の最新情報」ということで、先生が関わってこられた(または現在も関わっている)さまざまな惑星探査プロジェクトをご紹介いただきました。

「はやぶさ」が帰って来たのが2010年とまぁまぁ記憶に新しいですが、そのほかにもたくさんの惑星探査が進んでおり、最近ではニューホライズンズが冥王星に到着(フライバイ)した話題や水星探査機メッセンジャーのミッション終了の話題があります。

12月には火星探査機の「あかつき」が再度火星の軌道に乗るチャンスがやってきたり、小惑星「1999 JU3」を目指す「はやぶさ2」の地球スイングバイがあったりとまだまだ目が離せません。

惑星探査はいずれも時間のかかるもので、すぐに結果がわかるわけではありませんが、将来的にどんなことわかるのか非常に楽しみです。

kouennkai.JPG

1時間という短い時間でしたが、最後には質問コーナーも設けてくださり、こどもたちからは「はやぶさ2は、今どこにいるの?」「イオンエンジンってどんなの?」などなど質問が飛び出しました。

講演会終了後も吉川先生のところには子どもたちが集まり、直接質問したりお話したりと楽しい一時を過ごしていました。

吉川先生、短い時間ながらもたくさんのお話、ありがとうございました!
またご来場いただきましたみなさま、まことにありがとうございました。
 

講演会後に行われた宇宙カフェのレポートはこちらからどうぞ。
▼祝!第50回宇宙カフェ
http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2015/09/23-cafe-report.php

今回の宇宙カフェは、和歌山大学観光学部のドームシアターで実施!

本日のナビゲーターは観光学部の吉住千亜紀先生と、当カフェスタッフの後藤です。後藤は地域連携コーディネーターであるとともに動物の研究もしており、プライベートで和歌山城にある動物園のボランティアもしています。

そんな2人が足かけ5年で企画した本日のカフェは、夜空に描かれた動物たちの星座と、今年100周年を迎えた『和歌山公園動物園』に住む動物たちの映像をドームシアターで紹介します!

20150818_IMG_0003.JPG

国際天文学連合によって定められている88の星座のうち、動物を表すものは38もあります!

(龍やペガススなど、空想上の生き物とされるものはのぞく)

その中から、星座上のクマの尻尾が長い理由や、神話で有名なゼウスが変身した姿とされる星座についてなど、星座に関する楽しいお話をいただきました。

20150818_IMG_0012.JPG

 

星座の紹介とともに、動物園に住むツキノワグマ、コブハクチョウ、ミニチュアホース、ヤギ、ヒツジ、カイウサギなどの解説がありました。

動物園での様子や特徴を、写真・映像付きで分かりやすく説明。

途中、アヒルがカメラに向かって突進してきたり、ミーアキャットがカメラに爪を引っ掛けたりと、面白いハプニングも(笑)

まるで本当の動物園ツアーに参加しているようでした!

 

20150818_IMG_0033.JPG

↑ドームシアターで星座と動物を紹介後、休憩時間に質問に答える後藤。

今回は動物についての質問が多いカフェでした。

・・・可愛い動物たちの映像をたくさん見てしまったので仕方ありませんね

 

20150818_IMG_0039.JPG

最後は教育学部の屋上にある望遠鏡で星空観望会・・・の予定でしたが、諸事情により観測はできず。

尾久土先生より「望遠鏡で見れないけど望遠鏡は見える」とクールなご連絡をいただいたので、望遠鏡を見るために、そして尾久土先生に会うために、教育学部棟へ移動します!

20150818_IMG_0040.JPG 20150818_IMG_0042.JPG

望遠鏡は、一枚の写真に収まらないほどの大きさでした・・・本当に大きい。

巨大望遠鏡を取り囲み、先生方のお話を聞いて本日の宇宙カフェは終了。

また機会があれば、ぜひ巨大望遠鏡での観測をしてみたいですね!

 

次回の宇宙カフェは記念すべき第50回!

9月23日(水・祝)にベルファンさんにて実施します。

(宇宙カフェ詳細はこちら!)

 

さらに今回は、特別講演会も実施いたしますので、ぜひご参加ください!

(50回記念特別講演会の詳細はこちら♪)

皆様のご参加をお待ちしております☆

土曜楽交中学生編、『中学生のための楽しい暗記!』が1ヶ月ぶりに開催されました。

今回も、楽しく暗記する方法・タブレットを使った学習法を試しましょう!

前半は教育学部の学生から、国旗と国名を楽しく覚える方法を教わります。

20150725 中学生 0020.JPG20150725 中学生 0021.JPG

はじめに色、デザインが似ている国旗をたくさん紹介。

一瞬見分けがつかないほど似ているような国旗もあって、普通に覚えていては頭が混乱しそう・・・。

20150725 中学生 0040.JPG20150725 中学生 0042.JPG

国旗のカルタで遊んで、まとめて覚えてしまいましょう。

先生の読み上げた国の国旗を探して、札をとっていきます。

 

次は、アジアの国を暗記&答え合わせをします。

しっかり覚えておけば、後のゲームに有利になりますよ☆

20150725 中学生 0062.JPG20150725 中学生 0057.JPG

覚えた国名を使って、古今東西ゲームに挑戦!

一度答えても、またすぐに自分の番がまわってくるので難しい・・・。

「難しい!」「心臓に悪い!」と言いつつも、みんな国名を思い出すために、真剣な顔つきで取り組んでいました。

優秀者には先生から景品をプレゼント。おめでとうございます!

 

後半は豊田先生より、タブレットによる学習方法を伝授します!

20150725 中学生 0115.JPG

1つめのアプリで国旗クイズにチャレンジ。

赤で塗られた国の国旗を、4択の中から選ぶというものです。

さて、前半の国旗はどれだけ覚えられているでしょうか?チェックしましょう!

20150725 中学生 0112.JPG20150725 中学生 0110.JPG

 

そして2つめのアプリは、タブレットへの記入と音声の録音が同時に行える優れものです!

たとえば自分で絵を描いて、その絵に英単語を「書いて、読んで関連付けて覚える」といった使い方もできるので、今までとは違った学習方法が期待されるようです!

普段の勉強でも使えそうですので、タブレットをお持ちの方は一度利用してみてはいかがでしょうか?

20150725 中学生 0118.JPG

(↑写真はタブレットに英単語を書きながら、発音する先生とそれを見守る生徒たち)

 

 

本日の土曜学校はここまで。

次回の土曜楽交中学生編は、2学期の11月頃を予定しています。

どうぞお楽しみに!

カテゴリ:活動報告

タグ:アプリ タブレット 土曜楽交 寺子屋 暗記

2015年07月27日 16:21

第2クール最終日、7月25日の土曜楽交は『和歌山特産品オリジナルプリンアラモード&レシピ作り』です。

第2クールでこの日が一番楽しみだったという声がちらほら・・・。

みんなで一緒に、自分だけのわかやまプリンアラモードのレシピを考えましょう!

20150725 小学生 0007.JPG

まずは和歌山の食材について、クイズで学びました。

缶詰のみかんは皮がきれいになくなっているのはなぜ?

「柿が赤くなれば医者は青くなる」のはなぜ?

時々ふしぎに思っても、なかなか知れなかったことがたくさん分かりましたね!

20150725 小学生 0066.JPG

そしていよいよプリンアラモードづくり!

では、本日の食材を見てみましょう!

みかんや桃といった果実はもちろん、和歌浦せんべいなども使えるそうです。

食べたことがない人は、どんな味なのか興味津々・・・。

 

考えた盛り付けをスケッチして、その通りに作っていきます。

包丁で手を切らないように気をつけて・・・

20150725 小学生 0073.JPG 20150725 小学生 0078.JPG

プリンのまわりに盛り付け・・・

20150725 小学生 0079.JPG 20150725 小学生 0080.JPG

個性豊かなプリンアラモードができました!

20150725 小学生 0097.JPG 20150725 小学生 0100.JPG

完成したプリンアラモードはもちろんみんなで完食!

みんなが作ったわかやまプリンアラモードは、それそれの商品名や使った食材・工夫・感想・改善点をまとめてもらい、1まいのレシピになりました。

20150725 小学生 0119.JPG

是非、おうちでもお試しあれ!

 

本日の土曜楽交はここまで!

次回、第3クールは10月からスタート予定です。詳細は9月発表予定!

第3クールもどうぞお楽しみに!

カテゴリ:活動報告

タグ:土曜楽交 寺子屋 特産品 調理実習

2015年07月27日 15:04

7月23日のワダイノカフェは、本町にあるバー、ロザリータで開催されました。

ナビゲーターは和歌山大学教育学部教授の寺川剛央先生と、和歌山信愛女子短期大学講師の井澤正憲先生です。

20150723 アート 0004.JPG

さらに本日は、来日中のスペイン人陶芸家の方々にお越しいただき、

現代美術家である朝岡あかね様(以下、朝岡氏)にスペイン語通訳をお願いいたしました。

20150723 アート 0002.JPG

今回のカフェは、こちらで用意した質問を先生方にお答えいただく方法で進められました。

 

Q:陶芸家・大学教員となったきっかけ、作品について

寺川先生は奈良県出身であり、古美術・文化に囲まれて育ったことから、大学進学時点で陶芸家への道を決めていたそうです。

恩師である鈴木治氏(京都市立芸術大学名誉教授)に憧れ、自身も教員となりました。

20150723 アート 0041.JPG

井澤先生は、和歌山県紀美野町の八幡工房を展開しています。

陶芸家を目指したきっかけは、高校生時代に陶芸家である林康夫氏(以下、林氏)の作品に出会い、飲まれていく深みや詩的さを感じ、林氏のようになりたいと考えたから、だそうです。

20150723 アート 0018.JPG

 

Q:ミシオン・セラミカについて

井澤先生がスペイン陶芸に着目したのは30代の頃。

林氏に勧められた陶芸家の工房を目指しスペインへ渡りました。

工房の住所・連絡先を知らずに渡ったため、現地で陶芸家の名前をひたすら叫んで案内してもらったとのこと(笑)

その時の縁が、2008年のスペイン人作家作品展や、現在開催中のスペイン現代陶芸と日本の交流芸術祭『ミシオン・セラミカ』につながったそうです☆

 

Q:スペイン人陶芸家の作品について

朝岡氏の逐次通訳でスペイン人陶芸家の方々に発表していただき、作品の写真とともにご紹介しました。

「陶芸というと一般的な認識としては土の焼き物をイメージするのでは?」ということでしたが、今回ご紹介いただいた作品は、木や鉄のような土に拘らない表現方法が特徴的でした。

「もっと詳しく知りたい、作品を見たい」という方は、是非八幡工房へ!

20150723 アート 0022.JPG

 

最後は来場者から寺川・井澤両先生とスペイン人陶芸家の方々への質問、また先生方とスペイン人陶芸家の方々の相互質問で盛り上がり、この日のカフェは終了。

 

寺川先生、井澤先生、朝岡様、それにスペイン人陶芸家の皆様。

本日はありがとうございました!

 

本日のカフェはここまで。

次回は8月15日に宇宙カフェを開催します。(詳しくはコチラ

どうぞお楽しみに!

7月15日の第48回宇宙カフェは『誕生、成長(進化)、そして・・・~僕らは星の子ども~』。

ナビゲーターはみさと天文台台長の矢動丸(やどうまる)泰さんにお越し頂きました。

この日は、紀美野町に本店を構えるキミノーカからジェラートを取り寄せました!

美味しく頂きながらカフェを楽しんでくださいね!

 

20150715_宇宙_0012.JPG

 

▼みさと天文台

今年7月7日、みさと天文台は開館20周年を迎えました。

その記念イベントとして実施した結婚式『星前式』についてや、「みさと天文台って何?」に答える説明をして頂きました。

 

また、中継をみさと天文台とつなぎ、施設内や、巨大望遠鏡が動作するところを見ることもできました。

画面越しとはいえ、やはり巨大望遠鏡は迫力ありました!

 

▼宇宙の誕生・成長(進化)

宇宙は、ビッグバンの発生により誕生したと言われています。

宇宙が誕生したばかりの時に存在した水素の原子核である単体の陽子と、単体の中性子でした。

それらが宇宙膨張の開始から3~20分で、元素に合成されました。

驚いたのは、この時点では炭素・窒素・酸素は存在しないということ!

 

そんな初期の宇宙でも、星(恒星)は誕生することができました。太陽もその一つです。

星の内部で陽子同士、または元素と陽子がくっつくことで、エネルギーと新たな元素を作り出します。

 

▼ぼくらは星の子ども

星は自身の最期に、内部の様々な物質を宇宙に返します。

それが次の星の材料となり、また新しい物質を生み出します。

星に作られた物質が増え、恒星だけでなく惑星も生まれます。

その中で炭素・窒素・酸素などの物質も生み出され、それらを使って生命は誕生しました。

つまり、僕らは星の子どもなのです。

 

 

本日の宇宙カフェはここまで!

次回は8月18日(火)(詳しくはこちら)です。お楽しみに☆

7月11日の土曜楽交は『音で遊ぼう!星のしおりをつくろう!』です。

本日は、和歌山大学実験工作キャラバン隊にお越しいただきました。

実験や工作を通じて、子どもたちに科学のおもしろさ・楽しさを伝える活動をしています!

s2_IMG_0001.JPG

1時間目は『星のしおりをつくろう!』。

まずは七夕物語と星座についてご紹介。

s4_IMG_0007.JPG

西洋名では織姫の星はベガ、彦星の星はアルタイルと呼ばれ、それぞれこと座とわし座の1等星です。

その2つの星の左にある、はくちょう座の1等星・デネブを結ぶと、夏の大三角が描かれますね。

 

星の学習の後は、星のしおり作りです。

こと座、わし座、はくちょう座から、好きな星座を一つ選びます。

s_IMG_0014.JPG s3_IMG_0012.JPG

星座が描かれたしおりをスパンコールで飾り、

自分だけのしおりを作りました!

s2_IMG_0028.JPG

最後は本日のおさらいとして、星のクイズに挑戦。

みんなで内容をおさらいして、『音で遊ぼう!』にバトンタッチ!

(写真の問題の答えは、②でした☆)

この日紹介した星は、今の季節だと夜8時ごろに観察できます。

ぜひ、おうちの人と一緒に見てみてくださいね♪

 

2時間目は音について。

音の性質で遊び、学習しました。

s2_IMG_0053.JPG

箱の空気を抜くと、目覚まし時計の音が聞こえなくなりました。

空気があるとき音が伝わるということが分かりますね!

s_IMG_0062.JPG s_IMG_0072.JPG

糸電話は、糸を指で押さえると聞こえづらくなり、

クモの巣のように糸を合わせても、複数人に声が届きました!

空気だけでなく、モノも音を伝えられることを体験できました。

 

最後に、音の性質を利用したおもちゃを作りました。

s3_IMG_0080.JPG s4_IMG_0082.JPG

紙コップの横に穴を開け、紙の筒を差し込みます。

モールで作ったヘビを紙コップに乗せて、紙の筒をくわえて声を出すと・・・

s_IMG_0085.JPG

モールのヘビが震えながらくるくると回転します!

らせん状のモールがうねうねと・・・本物のヘビのように見えますね(´∀`)

 

本日の土曜楽交はここまで☆

次回をお楽しみに!

カテゴリ:活動報告

タグ:キャラバン隊 土曜楽交 寺子屋 星のしおり

2015年07月14日 10:12

<<前へ | 234567891011 |