地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

ホーム > 活動報告

活動報告

7月4日の土曜楽交は『もし災害にあったら?~自分にできること~』です!

導入として、被災地の凄惨な様子を映した写真を見てもらいました。

s5_IMG_0048.JPG

「もし自分がこの場面にあったら・・・」と、みんな真剣な表情で考えます。

今日はいざ地震などの災害にあった時、自分に何ができるのかを学ぼう!

 

1時間目はお米の炊き方について。

目の前に運ばれた一口大のおにぎり。

s_IMG_0041.JPG

普通に美味しそうなおにぎりですが・・・実は、炊き方に秘密があるのだそう。

早速試食しました!

s3_IMG_0007.JPG s3_IMG_0026.JPG

みんな分かったかな?

・・・実はこれ、電気炊飯器も、はんごうも使わずに炊いているのです!

災害時でも美味しいご飯を食べられる裏ワザ!

実際に試して覚えよう!

 

本日の状況は、地震の後の避難所での共同生活。

使えるライフラインは水と火、それに最低限の食器のみ。

限られた条件の中でのお米の炊き方を、先生がみんなに伝えます。

s2_IMG_0049.JPG s2_IMG_0061.JPG

 

教わった炊き方を試してみよう。

まず水を沸騰させ、その間にお米を180ccを計り、洗います。

s3_IMG_0082.JPG s2_IMG_0071.JPG

洗ったお米はビニール袋へ。お米と一緒に200ccの水を入れ、

空気をしっかり抜いて、袋の口を閉じましょう。

(お米を洗って濁った水は、再利用できるのでとっておきます)

s_IMG_0073.JPG

火をかけて沸いたお湯に、袋ごとお米を投入!

20分間茹でたら火を止めて、そのまま10分お湯で蒸らせば出来上がり!

 

茹で時間を待っている間に、2時間目「非常用持ち出し袋について」勉強します。

いざという時に、自分の命を守るために必要なものは何だろう?

必要だと思うものが書かれたカードを選んで、非常用持ち出し袋を完成させてみよう!

 

どれも必要そうなものばかり・・・ついたくさん詰めたくなるね。

s_IMG_0092.JPG s_IMG_0089.JPG

「ものを買うためのお金」、「けがをした時のお薬」、「色々なものを作って使える新聞紙」、「はぐれた時に探しやすいよう家族の写真」などなど。

なぜ必要だと思ったか、班ごとに発表しました。

みんな災害時の状況をしっかり考えていて、本当に大事なものを選ぶことができました!

s_IMG_0102.JPG s_IMG_0114.JPG

 

発表が終わると、お待ちかねのご飯が炊けました!

試しに味見すると、「普段のご飯とあまり変わらない」「ふわふわで美味しい!」とのこと。

 

市販のじゃがりこ(サラダ味)にお湯を注いで作ったじゃがりこスープと一緒に、カレーライスにして食べました!

s_IMG_0171.JPG s_IMG_0176.JPG

カレーライスの皿にラップをかけることで皿を再利用したりと、ここでも災害時の一工夫が沢山!

今日は、お腹も大満足な一日になりました☆

 

「もし、災害にあったら?」

今日の事を思い出して、自分にできることを精一杯できるといいね!

 

本日の土曜楽交はここまで。

次回をお楽しみに☆

カテゴリ:活動報告

タグ:土曜楽交 地震 寺子屋 災害 炊飯 防災

2015年07月07日 09:52

6月27日、まちかど土曜楽交中学生編を開催しました!

和歌山大学教育学部が教える「中学生のための楽しい暗記!」で、

2回シリーズでお送りします。

豊田先生、お願いします!

s2_IMG_0022.JPG

イントロダクションで見た、小学4年生の日本パズルの手さばきに一同驚き!

 

アプリを使った暗記学習の効果を実感したところで授業開始。

タブレットを使った学習で、暗記事項をスイスイ覚えられるようになりましょう!

s_IMG_0035.JPG

まずは『書き取り日本一周』というアプリで学習します。

3分で全47都道府県中、何県埋められるか挑戦しました。

s2_IMG_0038.JPG

このアプリの優れているところは、一つのタブレットを使って二人で対戦できるところです。

一人覚えるより、実力の近い二人で競う方が早く覚えられそうですね♪

 

次は漢字です。『書き取り漢字練習』というアプリで練習しましょう。

s2_IMG_0044.JPG

小・中学校の漢字が学年別に選択できます。

5問ずつの出題なので、反復練習がしやすいのもいいですね!

s3_IMG_0059.JPG

6月なのでまだ習っていない漢字が多いにも関わらず、

3人揃って10問を満点にできました♪

他の席でも満点、または高得点を叩き出す人が続出!

 

英語を学習するアプリも使ってみましょう。

s_IMG_0074.JPG

アルファベットを組み合わせ、英単語を完成させましょう!

(休憩時間にも夢中になって学習する姿を見ることができました。)

 

教育学部の学生さんからは、ダンスや歌で覚えるという方法をご紹介!

暗記が苦手と思っていても、好きな歌の歌詞なら見ずに言えたりしますよね?

歌詞を覚える要領で、年号や人名、出来事を覚えようという方法です。

s2_IMG_0090.JPG s_IMG_0096.JPG

本日資料として見た動画は、youtubeにアップされているものなので、

興味のある方は是非画像のURLへ☆

 

最後は、「暗記カードを作るのは大変・・・」という方にぴったりのアプリ『i暗記』

疑似カード学習で元素記号を覚えましょう!

s_IMG_0100.JPG s_IMG_0118.JPG

覚えたカードは上へ、そうでないカードは下へスワイプ(すうっと掃くように動かす)すれば、

カードを仕分けすることができます!

タップ(押す)するとカードが裏返り、答えが分かるようになっていて、

本物のカードと変わりなく使えますね。

 

今回の土曜学校はここまで。

次回は7月25日(土)です、お楽しみに!

カテゴリ:活動報告

タグ:アプリ タブレット 土曜楽交 寺子屋 暗記

2015年07月04日 16:11

5月27日、土曜楽交の第2クールが始まりました!

場所は第1クールに引き続き、和歌山大学松下会館です。

本日の先生から自己紹介!

s_IMG_0001.JPG s2_IMG_0004.JPG

 

初めて参加する人もいるので、みんなで交流するために

マジカルバナナでレクリエーション!

リズムにあわせて盛り上がりましょう☆

s2_IMG_0011.JPG s_IMG_0021.JPG

 

この日の土曜楽交は、「和歌山のキャラクターを作ろう」です。

オリジナルの和歌山のキャラクターイラストを考えて、こむぎねんどで作りましょう!

s_IMG_0052.JPG s4_IMG_0048.JPG

思い思いのキャラを描いていきます。

和歌山特産品をモチーフにした可愛いキャラから、

土曜楽交の先生をモチーフにした可愛い(笑)キャラまで…様々です!

s2_IMG_0080.JPG

イラストができたら、次はねんどで形を作っていきます!

思った通りの形にできるかな?

s_IMG_0084.JPG s_IMG_0104.JPG

ヘラと色ペンを駆使して、大変上手にできました!

描いたキャラを、しっかり再現できていますね!

和歌山に関係する果実や動物を使えているのもGOOD!

 

※キャラクターではありませんが、このような作品を作った人もいました☆

s_IMG_0106.JPG s_IMG_0111.JPG

お花にお蕎麦。花びら1枚1枚、お蕎麦1本1本が丁寧に作られていて驚き!

 

どのようにねんどを形にしていくかをまわりの人と相談して、

過程を見せ合いながら完成させていくところが印象的でした。

みんな協力して、楽しく作れましたねヽ(´▽`)/

 

本日の土曜楽交はここまで!

次回をお楽しみに☆

カテゴリ:活動報告

タグ:土曜楽交 寺子屋

2015年06月30日 14:35

6月23日の宇宙カフェは歴史かふぇとのコラボレーションで、「和歌山移民たちが見た星空」というテーマでした。両カフェのコラボ企画は初の試みです。和歌山大学観光学部棟において紀州経済史文化史研究所主催で企画展「移民と和歌山 2015」が開催されていましたが、今回のカフェはその展示スペースで行なわれました。

最初に、観光学部の東悦子先生が展示物の説明をしながら和歌山移民の歴史や文化について紹介して下さいました。和歌山は海外移住者の多い県です。和歌山県日高郡美浜町三尾はアメリカ大陸(実際にはカナダ)に多くの移民を出しているため“アメリカ村”と呼ばれています。東先生のお話は「アメリカ村はご存知ですか?」という言葉から始まりました。先生からはアメリカ・カナダ・オーストラリア・ブラジルなどへ移民した和歌山県人の歴史が語られました。映画でカナダ・バンクーバーに実在した日系人の野球チーム“バンクーバー朝日”が紹介されたことは記憶に新しいですが、和歌山出身の選手もいました。

会場にはいくつか旅行用トランクが展示してありました。1つは1m以上ある大きなもので、中は箪笥式になっており、引き出しがあります。これは仲田さんというフロリダへ移民された方が40年滞在の後帰国する際持ち帰られたもので、リサイクルセンターに出され処分されるところだったものを紀州研に寄贈いただいたとの説明がありました。そのトランクから見ても、仲田さんはかなり裕福な方だったと思われます。家にある“祖先の遺品”が、年月を経て歴史資料になることがあるんですね。

s_IMG_0044.JPG s3_IMG_0023.JPG

ロスアンゼルスの南・ターミナルアイランドの缶詰工場で働く日系人女性のたちに作られたボイルしたビンナガマグロの缶詰である「チキン・オブ・ザ・シー(シーチキンの原型)」の話、アメリカ移民筋師千代市さんによって編著された移民向け英語テキスト『英語獨案内(移民がコックや家内労働をすることが多いということから、生活に密着した会話が中心で、西洋料理の作り方も書いてある興味深いものです)』の話、オーストラリア・ブルームの真珠ダイバー達と日本人墓地の話、ブラジル移民松原安太郎さんにちなんだ松原移住地の話と続きました。

アメリカの収容所内の様子移民を描き続けたヘンリー杉本氏の絵のご紹介がありました。太平洋戦争時、アメリカには10ヶ所の収容所があり、マンザナー収容所は大河ドラマ「山河燃ゆ(原作は山崎豊子『二つの祖国』)」にも出て来た戦時中の日系人収容所です。制限が多い逆境の中で、収容された日系人達は工芸品・生活必需品などを作り上げました。中には芸術品と言えるものも数少なくないということでした。

 

東先生の後は、観光学部吉住千亜紀先生から移民が見た星空の紹介ということで、ハワイ、北米、南米、オーストラリアで見られる星座のお話がありました。星座図を見るだけでなく、星座にちなんだ現地の伝説について触れていたので面白かったです。

s_IMG_0057.JPG

ハワイの伝説として、半神半人のマウイにちなんださそり座(マウイの釣針に見立てられている)などが紹介されました。北米ミグマック族(カナダ)は北斗七星を熊に見立て、鳥に見立てられた周りの星達が熊を追っていると解釈しているそうです。

s3_IMG_0079.JPG

北半球の星空は日本の星空と大差ありませんが、南半球の空は南十字星をはじめとして、日本人からは見慣れないものです。更に南米やオーストラリアの星空の紹介がありましたが、興味深かったのは南米のインカの話でした。天の川の中にある暗黒星雲を星座として見ていたようです。インカらしいリャマ座もあります。普通は星と星を結んで星座に見立てますが、インカでは星のない暗い部分の形を星座に見立てているんですね。

 s2_IMG_0083.JPG

お二方の興味深い話に、講演終了後も質問される方が続きました。

 

学生スタッフ 観光学部博士前期課程2回生 大井田かおり

本日の土曜楽交は『和歌山のすごろくを作ろう!』です。

s_IMG_0003.JPG

新しい先生も来てくれましたよ!さあ、はじまりはじまり☆

 

最初は先生の作ったすごろくでレクリエーション。

だれが一番はやくゴールできるかな?

s_IMG_0017.JPG s_IMG_0016.JPG

20マス以上あるすごろくを、サイコロを5回振っただけでゴールした子もいましたよ!

 

さあ、すごろくを作っていきましょう!

まずはサイコロから。

s_IMG_0026.JPG

型紙を切っていきます・・・

s_IMG_0029.JPG

展開図を組み立てて・・・

s_IMG_0046.JPG

完成!上手にできました!

数字を書き足して、大きな数字がでるオリジナルのサイコロに仕上げる子もいました。

アイデアが光ります♪

 

次はいよいよ、すごろくの台紙を作っていきます!

市町村の特産品などを調べてマスを作ります。

s2_IMG_0056.JPG

高野山に登って、みかんをもらって、梅を摘んで、、、

実際に和歌山を旅行しているようですね!

s2_IMG_0059.JPG

和歌山にちなんだマスにしたり、ゴールまでたどり着きにくいようにしたり、

複数のルートを選べたり・・・

工夫を凝らして作ることができました☆

 

本日は、第1クールの最終日でした!

4回とも出席できた人に、表彰状が贈られます!

s_IMG_0066.JPG s2_IMG_0079.JPG

みんなよく頑張りましたねっ (^∀^人)♪

 

本日の土曜学校はここまで!

次回、第2クールは6月27日からです!

お楽しみに☆

カテゴリ:活動報告

タグ:土曜楽交 寺子屋

2015年06月16日 16:41

今回の宇宙カフェは、和歌山大学観光学部で実施しました!

ナビゲーターは、観光学部から尾久土正己先生、吉住千亜紀先生、佐藤奈穂子先生です。

 

まずは尾久土先生から、皆既日食ツアーについてのお話。

s_IMG_0007.JPG

日食マニアとファンの違いについてや、尾久土先生の手がけたツアーでのお話をいただきました。

船上での観測や下見の有無など、ツアーの内容にも色々あるんですね・・・。

尾久土先生曰く、日食ツアーはメインの日食だけでなく、前後の前菜やデザートにあたる観光も大事とのこと。

先生の手がける日食ツアー、私も行ってみたいと思いました!

 

さらに本日は、観光学部の学生さん3人にも、ツアーについて発表していただきました!

s2_IMG_0023.JPG s2_IMG_0024.JPG

参加したツアーでのオランダ旅行話や、実際に見たダイヤモンドリングについてなどなど・・・。

初めてのツアーでこれ以上ないというような皆既日食を見れたのだそう。うーん…羨ましい!

 

次はいよいよお待ちかね、皆既日食体験です!

吉住先生に連れられて360度ドームシアターへ・・・。

部屋に入ると、体がひんやりとした空気に包まれます。

なんと最北の島の温度に近づけるために、空調を強くしてくれていました!ムードが出ます!

s_IMG_0037.JPG s_IMG_0028.JPG

新聞等にも取り上げられていた、360度カメラによる皆既日食を撮影した映像のワンショットです。

(現場ではシロクマと遭遇することもあるので、猟銃を持ったハンターさんが見張ってくれるんだとか。。。)

ここから日食が開始。写真右手の方から辺りがどんどん暗くなります。

太陽は月に隠され、影に飲み込まれた世界がダイヤモンドリングの輝きを際立たせます!

(日食の瞬間のシアターは撮影禁止でしたので、ダイヤモンドリングの写真は学生さんが発表時に使用していたものです)

 

締めのデザートも重要です。日食観測後に滞在したサーリセルカ(フィンランド)のオーロラ観測について・・・佐藤先生、お願いします!

s_IMG_0053.JPG s_IMG_0065.JPG

サールセリカの観光について、オーロラ発生のポイントや色の仕組みについて説明いただきました。

オーロラの色はだいたい高度で決まり、また赤いオーロラは肉眼ではほとんど確認できないため、緑色に見えるそうです。

いつか現地へ行って、自分の目で確かめてみたいですね☆

 

本日の宇宙カフェはここまで。

楽しいお話をありがとうございました!

 

次回は6月23日(火)、今回と同じく和歌山大学観光学部棟にて実施!

なんと歴史かふぇとの初コラボとなります!お楽しみに☆

6日の土曜楽交、前半は「リサイクルについて」です!

リサイクルについての説明をうけて、○×クイズに挑戦!

s_IMG_0005.JPG

「3Rとは、リサイクル、リユース、リターンであるか?」

「リサイクルにかんする法りつがあるか?」などの問題に、

むずかしい~、と悩みながらも○×のジェスチャーをしている先生に駆け寄ります。

s2_IMG_0010.JPG s2_IMG_0012.JPG

クイズのあとは、リサイクル小物を作りました!

空き缶やペットボトルに色を塗って、オリジナルのデザインに仕上げます。

s_IMG_0031.JPG

手を切って怪我をしないよう、空き缶をヤスリで削ってなめらかにして・・・

s2_IMG_0048.JPG

さあ、デザイン開始!好きな絵を描きましょう!

s2_IMG_0033.JPG s_IMG_0036.JPG

空き缶だけでなく、絵の具の水入れに用意していた紙コップを飾りに使ったり、テープを巻いて空き缶に色をつけたり・・・

みんなのアイデアの豊富さに先生もビックリ!Σ(゚д゚lll)

s2_IMG_0069.JPG s_IMG_0079.JPG

カラフルでアーティスティックな作品が、たくさんできあがりました!

みんな本当に上手でした!

 

後半は、都道府県カルタで楽しく交流しました!

カルタは各都道府県の情報が盛りだくさん!

s_IMG_0075.JPG

みんなでカルタを囲んで遊びました!

「これ知ってる!」「初めて聞いたよ」という声をあげ、カルタに夢中の子どもたち。

s_IMG_0071.JPG

楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

みんな、都道府県について覚えられたかな?

 

本日の土曜楽交はここまで!

次回をお楽しみに☆

カテゴリ:活動報告

タグ:リサイクル 土曜楽交 寺子屋

2015年06月09日 13:57

23日の土曜楽交が始まりました!

まずはiPadを使って、和歌山県の市町村パズルに挑戦。

さあ、5分以内に解けるかな?

s_IMG_0025.JPG s_IMG_0023.JPG

パズルの後はみんなで協力して、各市町村の人口や面積を調べました!

20150529s_IMG_0030.JPG

先ほどのパズルを思い出し、予想してみます。

和歌山市の面積は?田辺市の人口は?

s_IMG_0033.JPG s_IMG_0032.JPG

思っていたよりも多かったり、少なかったり、大きかったり、小さかったり・・・

みんなで相談して、人口・面積について楽しく学ぶことができました!

 

2時間目は『これがあったらいいな。和歌山市!』

和歌山市にあったらいいのにな~、と思う場所について。

まずはGoogle MAPの写真を参考に、大きさや特徴をスケッチしていきます。

s_IMG_0049.JPG s_IMG_0047.JPG

早速使いこなしています!

描いたスケッチは、和歌山市の地図にペタリ!

s_IMG_0063.JPG

「もし和歌山市に〇〇があったら・・・」

「その場所をつくるためには・・・」を考えます。

スケッチと一緒に地図へ貼り付けて、みんなで見てみましょう☆

s_IMG_0059.JPG

「USJを和歌山市に!」「和歌山市がよくなる」「土地は空き地と森がある場所を使えば・・・」

などなど、具体的な方法まで・・・すごいっΣ(゚д゚lll)

みんな和歌山市について話し合い、真剣に考えることができました!

 

今回の土曜楽交はここまで!

次回はどんな授業でしょう? お楽しみに☆

カテゴリ:活動報告

タグ:土曜楽交 寺子屋

2015年05月29日 14:05

5月16日、土曜楽交の第1クールが始まりました!

場所は和歌山大学松下会館です☆

 

はじめに、教育学部の豊田先生から開校のごあいさつです。

s_IMG_0004.JPG

 

先生の紹介の後、交流のために人間ちえのわに挑戦!

みんなで手をつなぎあったまま、手を離さずに全員が外向きになれるかな?

何秒でできるかタイムアタック!

s_IMG_0012.JPG s_IMG_0011.JPG

 

緊張がほぐれたところで、いよいよ授業がスタート!

1時間目の授業は、『和歌山県の「特産品」分析』。

和歌山県の特産品や、他にもたくさんのものの性質を分析しました!

s_IMG_0030.JPG

ラーメンは酸っぱい?それとも苦い?

みんなでものの性質を予想して・・・

s_IMG_0043.JPG s_IMG_0042.JPG

実際にリトマス紙を使ってしらべてみました!

「予想どうりやったな!」「え!これが酸っぱい方の仲間なの!?」と元気な声が飛び交います☆

 

 

2時間目は『色のイメージ学習・和歌山の県旗を作ってみよう!』です!

まずは「青はクールなイメージ!」「緑は優しそう」と色のイメージについて考えてもらい、

その後色のイメージを活かして、和歌山の県旗を作ってもらいました!

s_IMG_0060.JPG

できあがった県旗は、ホワイトボードに貼ってみんなで展覧会。

自分たちの描いた旗の特徴を説明していきます。

s_IMG_0080.JPG s_IMG_0077.JPG

素晴らしい色使い・・・みんなとっても上手です ヽ(´▽`*)/

それぞれの和歌山県のイメージを、めいっぱい表現してくれました!

 

 

今回の土曜楽交はここまで!

次回もお楽しみに☆

カテゴリ:活動報告

タグ:土曜楽交 寺子屋

2015年05月19日 13:48

 第15回の歴史かふぇのテーマは「和歌祭の歴史と御船歌-御船歌を体験してみよう-」です。

場所は、紀州東照宮すぐ近くの和歌浦支所2階会議室をお借りしました。

ナビゲーターは紀州経済史文化史研究所特任准教授の吉村旭輝先生。

s_IMG_0013.JPG

まずは、和歌祭についてのお話。

和歌祭は、徳川家康を祀る紀州東照宮の祭礼で、紀州藩藩主の徳川頼宜によって創始されました。はじまりは元和8 年(1622)と古く、城下を挙げて盛大に開催していました。

渡御行列には、「練り物」と呼ばれる芸能の数々もあります。

 

長い歴史の中で、練り物の大幅な縮小や資金不足による中止などもあったそうです。

伝統ある和歌祭の変遷を、さまざまな史料をもとにご説明いただきました。

s_IMG_0022.JPG

こんな興味深いお話もありました。

徳川家康は、「東照大権現」として祀られていますね。

家康の死後、葬儀は秀吉に習い、梵舜という僧により吉田神道式で行なわれました。

遺体は遺言により久能山へ安置。1周忌に日光山へ祀るようにされていたのですが、

梵舜と天台座主である天海の間で論争がおこります。結果は天海の勝利。

家康は山王一実神道で、東照“大権現”として祀られることになりました。

勝ったのが天海でなかったら…家康は“大権現”ではなかったのかもしれません。

 

今年は家康の400回忌にあたり、和歌山大学の図書館3階にある紀州経済史文化史研究所では、企画展「御神忌祭と和歌祭」が開催されています。

もっといろんなことを学びたい!と思った方は、こちらにも足を運ばなくてはなりませんね。

0422s_IMG_0030.JPG

続いては、和歌祭の練り物のひとつ「唐舩・御船歌」について。

 

昔、唐舩とは別に、紀州藩御船手方が関船を海上に出し、御船歌を歌っていました。

この唐舩と関船がいつしか一緒になり、唐舩も御船手方が担うようになったそうです。

明治時代に入っても、御船手方の末裔や縁故者たちによって御船歌は受け継がれていました。

 

この御船歌は一時途絶えていましたが、2010年に30年ぶりの復興を遂げました。

復興は吉村先生を含めた3人から始まり、唄を覚えることが一番大変だったそうです。

途絶えた芸能を継承していくことはとても大切であり、同時に難しいことであります。

 

後半は、その御船歌を唐舩御船歌連中さんにより披露いただきました。

s_IMG_0051.JPG

御船歌には「長唄」「端唄」「せり唄」「やれ節」の4つの唄があります。

太鼓と法螺貝の音が会場全体に広がりました。

歌詞には「片男波」「玉津島」「不老橋」など和歌浦の名所が盛り込まれており、和歌浦の情景が浮かびあがったのではないでしょうか?

 

また、参加したみなさんと一緒に、和歌浦に関するやれ節を合唱し、太鼓と法螺貝の体験をしました。

たくさんの魅力あふれる和歌祭と唐舩御船歌。ひとりでも多くの人に興味をもってもらい、継承していくことが課題だそうです。由緒ある芸能の担い手として参加してみたいと思いませんか。

0422s_IMG_0043.JPG

 

学生スタッフ 和歌山大学教育学部4回生 大倉志織・経済学部3回生 高橋淳也

カテゴリ:活動報告

タグ:カフェレポート 和歌祭 御船歌 徳川家康 歴史かふぇ

2015年04月28日 10:05

<<前へ | 3456789101112 |