高知短期大学・和歌山大学南紀熊野サテライト同窓生交流会

文字サイズの変更

ホーム > スタッフ日記 > 高知短期大学・和歌山大学南紀熊野サテライト同窓生交流会

スタッフ日記

高知短期大学・和歌山大学南紀熊野サテライト同窓生交流会

平成25年11月23日(土・祝)、県立情報交流センターBig・Uで高知短期大学経済学クラブと和歌山大学 南紀熊野サテライト同窓生の交流会を開催しました。

高知短期大学から26名の方が和歌山に来てくださいました。高知短期大学経済学クラブは、1986年に設立されてからこれまで、例会などで文献輪読などの活動を続けてらっしゃるそうです。

まず、南紀熊野サテライトの設置に至る経緯や、これまでの活動を紹介した後、

①地域に根ざした大学拠点として、先進的な取り組みを進めている両大学に学ぶ。

②地域密着型の大学という、学ぶ場があることは、地域にとって、住民・社会人にとってどのような意味があるのか考える。

この2つの目的を主として、意見交換を行ないました。双方の大学の受講生の方達が活発に意見交換されていました。

DSC_4202.JPG

退職後に学び直すことにしたきっかけ、仕事と学業の両立の苦労や大学で学んだこと地域活動に活かせていることなど、皆さんそれぞれの想いや現状を話されていました。

なかでも印象的だったことは、みなさんが口を揃えて「学ぶことは楽しい」と仰っていたことです。また、「学んだことを地域に活かすことができれば、どれほど幸せだろうか」という言葉に共感できました。

DSC_4220.JPG

地域連携コーディネーターとして、より充実した教育機会の提供に勤めなければならないと改めて思い直す一日となりました。

カテゴリ

カレンダー

<<

>>

2013年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ