学部開放授業「地域暮らしの健康学A」スタート!

文字サイズの変更

ホーム > スタッフ日記 > 学部開放授業「地域暮らしの健康学A」スタート!

スタッフ日記

学部開放授業「地域暮らしの健康学A」スタート!

平成27年度後期 学部開放授業

「地域暮らしの健康学A」

第1回目、スタートしました!

 

【授業のねらい・概要】

「空前の自転車ブーム」が続いているといわれています。

背景には環境志向や健康志向の高まりがあると考えられますが、

地域の課題解決の手段として自転車が見直されているという

見方もあると思います。

移動手段として、着地型観光やコミュニティビジネスの

ツールとして自転車を活かした事例が数多く見受けられます。

 

この授業のテーマは「自転車でつくる暮らしと

健康」です。身近にある自転車について見直し、

自転車が地域での暮らしや健康に及ぼす影響、

自転車を活用したまちづくりの可能性等について

考えてみたいと思います。

 

20151010健康学A-3.jpg

第1回目担当は 藤永 博先生 

【経済学部 教授】

今回は「自転車入門」として 

自転車の歴史╱

自転車のしくみ╱

地域暮らしの中の自転車╱

日本の自転車利用環境整備の現状⑴

などを講義。

20151010健康学A-2.jpg

授業の中で、先生から受講生に、

「自転車に乗っているとき、

あなたは何を考え、何か意識をもって

運転していますか?」

との問がありましたが、皆さんはいかがですか?

 

 

20151010健康学A.jpg

実際に自転車を使っての講義もありました。

自転車は受講生のAさんがお貸しくださいました。

有難うございます!

写真の女性は別の方でHさんです♪

20151010健康学A-4.jpg

次回は第2回「自転車でつくる健康⑴」

(担当は同じく藤永先生)

が開講されます。

楽しみです!!!

コメント

コメントの投稿

名前
電子メール
URL
コメント

カテゴリ

カレンダー

<<

>>

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ