2017年6月

文字サイズの変更

ホーム > スタッフ日記 > 2017年6月

スタッフ日記

2017年6月

ご協力依頼【和歌山県立紀南図書館】

本日、和歌山大学移動企画展示のご協力依頼で、和歌山県立紀南図書館の館長中村様、副主査司書一之瀬様にご相談を致しました。

20170627紀南図書館の打ち合わせ.jpg

国立大学法人和歌山大学地域イノベーション機構地域活性化センター紀州経済史文化史研究所 東悦子和歌山大学観光学部教授が「移民と和歌山2017-和歌山からブラジルへ 100年の時を経て―」というテーマで企画展を企画されています。(調整中)

【趣旨】 1908(明治41)年6月18日、781人の契約移民を乗せた笠戸丸がサントスに入港し、日本からブラジルへの集団移住がはじまった。2008年、日本とブラジルの交流は100周年を迎えている。和歌山県からも多くの人々が、ブラジルで新たな生活を切り開こうという決意を持って渡航した。初期移民の時代から100年の時を経て、本年10月、サンパウロでは和歌山ブラジル県人会が主催して100周年を祝う式典が開催される。この記念すべき年、紀州経済史文化史研究所では、企画展「移民と和歌山2017 -和歌山からブラジルへ 100年の時を経て―」を開催する。和歌山県出身のブラジル移住者たちの足跡をたどり、これまでの100年から現在へ、そして未来へとつながる100年を考えることをテーマとする。本展は、パネルを中心としてブラジル移民送出に関連する資料や書籍などを展示し、それらの資料を通して、和歌山県が多くの移民を送出した歴史的な背景をふり返り、初期移民の仕事やくらしぶりを伝えたい。また現在の在伯県人会と和歌山県民との交流を紹介する。このことが、現在も移住先に暮らす和歌山県をルーツとする人々との、これからの交流についても考える機会となればと願うものである。

実施期間は平成29年9月15日(金)~ 11月8日(水)(調整中)、場所は和歌山県立情報交流センタービッグ・ユー内 和歌山県立紀南図書館様内予定です。

詳細は決まり次第アップします。中村様、一之瀬様、本日は誠に有難うございました!図書館スタッフの皆様、開催決定になりましたらどうぞ宜しくお願い致します!

続きを読む >>

ジェロントロジースポーツ入門【3~4回目】

大学院授業『ジェロントロジースポーツ入門』

前年度も担当頂きまして、受講生に大好評の授業が今年度も始まりました!今年度もフィールドワークにカヌーを体験して頂きます。

代表教員は教育学部 彦次 佳 准教授です。

講義概要

人が歳を重ねていく中で「スポーツを楽しむ」ということは、いったいどういうことなのか?本講義では、成人のスポーツの楽しみ方を紹介し、それぞれの楽しみ方におけるスポーツの役割・意義について理解を深める。また、スポーツ老年学の観点から、個々人の人生や生活を豊かにするスポーツライフを共に考え、スポーツの幅広い楽しみ方やスポーツの持つ可能性について共に考え議論し、さらにはフィールドワークを通して体感することを目的とする。

第3回~第4回 『技を磨き競うことにチャレンジするマスターズスポーツ』  

世界や日本で開催されているマスターズスポーツイベントの事例を紹介しながら、歳を重ねていく中で、"敢えて"技を磨き競うというスポーツの楽しさに挑戦することからもたらされるものとは何なのか、その意味を共に考える。

6月23日(金)18:30~20:50

6月24日(土)10:00~16:00

担当は教育学部 彦次先生です。

20170624ジェロントロジー1.jpg

20170624ジェロントロジー2.jpg

今回は途中でフィールドワークもあり、白良浜でビーチラグビーの見学もありました☆また、白浜町の本覚寺(貝寺)にも足を運び、地元の歴史と観光にもふれました。

江戸時代から代々のご住職が集めた珍しい貝のコレクションが1,000点以上あり、別名「貝寺」。白浜で発見された「ホンカクジヒガイ」も、こちらのお寺の名からとったものだそうです。ホンカクジヒガイをはじめ学術的に非常に貴重なコレクションが満載!ぜひ皆さんにもご覧いただきたいです。きさくなご住職に色々とお話をいただき、貴重な時間となりました。ブログの掲載もご快諾いただき有難うございます。

20170624ジェロントロジー3.jpg

20170624ジェロントロジー4.jpg

次回は6月30日、7月1日です♪

続きを読む >>

観光塾第4期生「第1回商品化会議」

南紀月野瀬温泉ぼたん荘さまで観光塾第4期生で組まれたチームの中の1チームが商品開発の会議を開催しました。

20170621平見チーム.jpg

白浜町、すさみ町、古座川町、串本をホームに持つ4名のチーム。それぞれが強みを生かし、持続可能で観光に特化した商品の開発を練り上げます。観光塾でまとめられた内容を具体化していく過程で、皆さんのアイデアがどんどん出てきます。商品開発だけでは止まらない発想で、とても楽しみです!

20170621平見様.jpg

会議の場をご提供くださったぼたん荘様のロビーでパチリ☆今までの観光塾すべてにご参加頂いてる平見様。いつも何事にも真摯に向かう姿勢、いつも笑顔、見習いたいですm(__)m!!!

お昼は自由参加でランチを堪能♪古座川地美恵定食 1,500円(小鉢三品・清流鹿金もみじの和風フリカデル・古座川産イノシシのクリームコロッケ・地美恵ミートソース・清流鹿のウインナー・山サラダ(柚子ドレッシング)・御飯・味噌汁・漬物)をいただきました!

20170621ランチ.JPG

今回、写真を撮り忘れてしまい、前回いただいた時の写真をアップします。今回は小鉢が全て違う内容でして、「ゴリ」という小魚の佃煮が印象的でした。もちろん美味しかったです!ランチの詳細はHPをご覧ください☆http://www.botansou.jp/meal.html

近々、第2回を開催します!皆様宜しくお願い致します!

続きを読む >>

地域暮らしの健康学D 第3回

域暮らしの健康学D~よく生きるための「心のあり方」~

第3回が開講されました!代表教員 経済学部 藤永博教授

講義概要

この授業では、現代社会におけるいくつかの「心の問題」について再検討したうえで、生涯をとおしてよく生きるための「心のあり方(マインドセット)」について考えてみます。授業計画にあるように、テーマには個人に関わるもの、家族に関わるもの、学校に関わるもの、広く社会に関わるものが含まれます。現代社会における多くの「心の問題」は、「心のあり方」、すなわち、信念、価値観、判断基準、暗黙知、無意識の思い込みなどに関係すると思われます。そうした問題は、「心のあり方」を変えることによって未然に回避できる、あるいはこじれる前に解決できるかもしれません。この授業ではテーマごとにその可能性を探ってみたいと思います。

第3回 「ジェンダーについて考える」

ジェンダー(社会的性差)/LGBT~ダイバーシティ(社会における多様性)

6月17日(土)13:00~17:00

経済学部 岡田真理子先生

20170617健康学D2.jpg

今回はグループに分かれて授業が進められました。

受講生の皆さんで意見を交換し、和気あいあいと楽しそうでした♪

20170617健康学D1.jpg

ご参加された皆様、お疲れ様でした!

先生、有難うございました!

次回は7月1日です♪

続きを読む >>

【総会】和歌山大学南紀熊野サテライト連携協議会

平成29年6月16日(金)14:00~15:30

場所:田辺市役所別館3階 会議室

和歌山大学南紀熊野サテライト連携協議会 平成29年度 総会がとりおこなわれました。

20170616総会.jpg

続きを読む >>

カテゴリ

カレンダー

<<

>>

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ