民法の現代的諸課題【第1回~第2回】

文字サイズの変更

ホーム > スタッフ日記 > 民法の現代的諸課題【第1回~第2回】

スタッフ日記

民法の現代的諸課題【第1回~第2回】

大学院授業『民法の現代的諸課題』

前年度も担当頂きまして、受講生に大好評の授業が今年度も始まりました!

代表教員は経済学部  吉田 雅章 准教授です。

講義概要

一般に法律は難解であると言われてきました。そのため、理解しやすいように法改正も実施されています。それでも素人には判りにくいと思われています。しかし、現代の日本で生活するためには法律、とりわけ民法を知っておくことは非常に有益です。数ある法律の中で最も日常生活と関係深いものが民法だからです。その民法と、民法が抱える現代社会における種々の問題を、下記の教科書(少し古いのですが)を使って、可能な限り分かりやすく説明し、理解してもらおうと考えています。

第1回 『イントロダクション』日本民法の歴史と構成→民法全体の外観  

第2回 行為能力と意思能力~成年後見制度の概要まで成年後見制度の現代的課題(NHKのTV番組を利用して)法定代理と任意代理について-成年後見制度と絡めて

7月 7日(金)18:30~20:50

7月 8日(土)10:00~16:00

20170708_吉田先生1.jpg

ジーン・ハックマン主演の映画「訴訟」を題材にされた授業もありました。これは実際に会った「フォード・ピント事件」訴訟をベースに制作されたもので、その内容について先生から詳しく説明がありました。

20170708_吉田先生2.jpg

【到達目標】現代日本社会が抱える種々の問題の中で、民法に関連するものであるのか否か判断できるようになってほしいです。具体的には、民法○○条や、民法の特別法である△△法の××条で対応できるという能力を身につけてもらえれば最高です。

皆様、お疲れ様でした♪ 先生、有難うございました!

次回は7月14日(金)、7月15日(土)です♪

コメント

コメントの投稿

名前
電子メール
URL
コメント

カテゴリ

カレンダー

<<

 

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ