2017年11月

文字サイズの変更

ホーム > スタッフ日記 > 2017年11月

スタッフ日記

2017年11月

地域暮らしの経営学~変化の時代を生き抜くために~【第3回】

学部開放授業「地域暮らしの経営学~変化の時代を生き抜くために~」

第3回が開講されました。代表教員は観光学部 出口竜也教授、ゲスト講師は小栗徳丸氏

【授業のねらい・概要】どのような地域に暮らすにしても、時代の変化に対応し、自主・自立の精神で絶えず自分磨きをすることが求められます。そして、地域が持続してくためには、一人一人がこうした知識、スキル、ノウハウ、そして何よりも地域に対して愛着を持つことが重要となります。「地域暮らしの経営学」では、さまざまな地域で自主・自立の精神で活躍している方々をゲストにお招きし、どのようなキャリアを経て現在をつくり上げていったのかについて、自分史的な切り口でお話ししていただきます。ゲストの皆さんによる生業づくりの語りの中から地域振興のためのさまざまなヒントをつかんでください。また、キャリア形成論の切り口から地域で生き抜くための能力形成のあり方についても解説していきます。学生、自治体職員、地域づくり関係者、観光商工関係者、地域ガイド、ジオ関係者、教育関係者、UIターン者など、幅広い分野からの受講を期待します。

第3回 「名古屋暮らしにこだわり、名古屋を世界に発信」

ふるさと名古屋を拠点にイベント会社、テレビ局勤務から電子マネーの会社を立ち上げ、世界最大級のコスプレイベントを主催するまでのキャリアと、そのプロセスで培ってきた知識、スキル、ノウハウ、そして名古屋愛についてお話しします。

11月18日(土)13:00~17:00

20171118経営学小栗氏.jpg

↑ゲスト講師:小栗氏

20171118経営学.jpg

ご参加された皆様、お疲れ様でした!先生、有難うございました!

次回は来年の1月6日です♪

続きを読む >>

紀伊半島の環境と災害【第1回】

大学院授業『紀伊半島の環境と災害

代表教員はシステム工学部  井伊博行 教授です。

講義概要

【授業のねらい・概要】紀伊半島は、半島沖のプレートのもぐりこみの影響を受けている地域で、複雑な地形(隆起速度が大きく、降水量が多く、したがって浸食量も大きい)、複雑な地質が様々な恵み(豊かな植生、温泉、鉱山)をもたらしている。一方、地震、津波、地滑りなどの自然災害も発生しやすい。この講義では、紀伊半島という地域の特徴とその環境について学び、環境に対応したこれからの生き方を考える。

第1回 『紀伊半島の地質と環境(鉱山、温泉と沿岸の海洋生物について) (担当:井伊博行) 

11月18日(土)10:30~ 16:00

サテライトに隣接する白浜町で、授業と現場実習を通じて、温泉と鉱山との関係、温泉水、鉱山水からの排水による沿岸の海洋生物への影響を紹介する。酸性、高鉄濃度の排水による海洋生態系の影響を紹介する。

本日はフィールドワークがありました。天気が心配でしたが、午後からなんとか回復、無事、現地演習となりました。

20171118大学院井伊先生1.jpg

20171118大学院井伊先生2.jpg

皆様、お疲れ様でした♪ 井伊先生、有難うございました!

次回は11月25日(土) 10:30~ 16:00、担当は江種伸之先生です。

続きを読む >>

巡回展Part 1~Part3 「移民と和歌山2017 -和歌山からブラジルへ 100年の時を経て―」

20171005~1108-1.JPG

Part1として、Big-u内 和歌山県立紀南図書館で

10月6日(金)~11月8日(水)の間、開催いたしました。

関係者の皆様、大変お世話になり有難うございました!

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

【趣旨】

 1908(明治41)年6月18日、781人の契約移民を乗せた笠戸丸がサントスに入港し、日本からブラジルへの集団移住がはじまりました。2008年、日本とブラジルの交流は100周年を迎えました。和歌山県からも多くの人々が、ブラジルで新たな生活を切り開こうという決意を持って渡航。初期移民の時代から100年の時を経て、本年10月、サンパウロではブラジル和歌山県人会が主催して100周年を祝う式典が開催されます。

この記念すべき年、紀州経済史文化史研究所では、和歌山県出身のブラジル移住者の足跡をたどり、これまでの100年から現在へ、そして未来へとつながる100年を考えることをテーマとして、企画展「移民と和歌山2017 -和歌山からブラジルへ 100年の時を経て―」を開催いたします。同研究所の企画展をはじまりとして、2018年2月まで、3か所をめぐる巡回展を実施いたします。是非多くの皆さまご覧いただけますと嬉しいです。

本巡回展は、パネルを中心としてブラジル移民送出に関連する内容を展示し、それらを通して、和歌山県が多くの移民を送出した歴史的な背景をふり返り、初期移民の仕事やくらしぶりを伝えたいと考えております。また現在のブラジル和歌山県人会の活動も紹介する。このことが、現在も移住先に暮らす和歌山県をルーツとする人々との、過去から現在、そして未来へと続く交流について考える機会となればと願っております。

【会場と日程】

Part1:Big-u内 和歌山県立紀南図書館

開催期間:10月6日(金)~11月8日(水) 

Part2:田辺市立図書館

開催期間:11月15日(水)~ 11月23日(木)  

◎11月23日(木)にミュージアムトーク&シンポジウムを実施

Part3:和歌山県国際交流センター

開催期間:2018年2月(予定)   

  Part1Big U内和歌山県立紀南図書館

  Part2:田辺市立図書館

  Part3:和歌山県国際交流センター

  特別巡回展として、ブラジル・サンパウロ州でも開催の予定です。

主催:和歌山大学・地域活性化総合センター 紀州経済史文化史研究所

共催:(公財)和歌山県国際交流協会 / 和歌山県中南米交流協会 /

後援:和歌山県立図書館 / 田辺市教育委員会

協力:JICA横浜 海外移住資料館 / 和歌山大学南紀熊野サテライト

※ブラジルでの特別巡回展は、和歌山県と共同主催とする。

 

続きを読む >>

  • 1

カテゴリ

カレンダー

<<

>>

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ