イベントレポート

文字サイズの変更

ホーム > スタッフ日記 > イベントレポート

スタッフ日記

イベントレポート

「南紀熊野観光塾」第1回塾講演〜選ばれ続ける地域とはPart2〜

平成25年9月7日(土)、県立情報交流センターBig・Uで「南紀熊野観光塾」第1回塾講演を開催しました。

まず塾生の皆さんに自己紹介をして頂いてから、山田塾長の講演が始まりました。テーマは昨晩に引き続き「選ばれ続ける地域とは」です。

講演でまず話されたことは、地域の目指すべきゴールをしっかり定めることの重要性。地域の目指す姿を明確にするにあたって大切なことはテーマとコンセプト。この2つは変えてしまってはブランドにつながらないので、簡単には変えてはいけない。また地域が支持するものでなければならない、この塾では50年先の南紀熊野を考えていくと強調されました。

DSC_3286.JPG

加えて日本人の宿泊旅行の動機は、①日常生活から開放されるため、②旅先のおいしいものを求めて、③保養・休養、だそうです。つまり、宿泊観光客は「普段の生活から離れ、旅先にしかない美味しいものを食べ、そして心身ともに休み、そして健康や気力、体力を養いたい」という欲求を持っているので、この地域に来て、明日から頑張って仕事しようという気力を湧かせられるか?ということが今後重要なポイントになると話されました。

 また、売上(=数量×単価)を伸ばすには、数量を増やすのではなく単価を上げる必要があるということを、入り込み客数が増えたにもかかわらず、消費額が下がった例を挙げて説明されました。数量にこだわるのではなく、質にこだわり単価を上げることで売上を伸ばしていくという話は、ついつい安く多くと考えてしまっていたので目から鱗でした。

1175337_373979332731978_1315291507_n.jpg

この塾講演の終了後、バスへ乗り込み現地視察へ向かいました。

続きを読む >>

南紀熊野観光塾 開塾記念講演「選ばれ続ける地域とは」を開催しました

平成25年9月6日(金)、県立情報交流センターBig・Uで「南紀熊野観光塾 開塾記念講演」が開催されました。

*南紀熊野観光塾とは、JTIC SWISS 代表、観光カリスマで和歌山大学客員教授の山田桂一郎先生を塾長として、「選ばれ続ける」をモットーに、南紀熊野のあるべき姿をみんなで考え、魅力的で持続可能な地域づくりの仕組みを担う中核的な人材を育成することを目的とした塾です。

記念講演では観光学部教授の出口竜也先生、観光学部准教授の竹林浩志先生による、開塾の挨拶の後、塾長である山田桂一郎先生の講演がありました。

DSC_3251.JPG

塾長による講演は「選ばれ続ける地域とは〜なぜ、地域振興に観光が必要なのか〜」。人口が減少していく時代において、交流人口を増やしていくことの重要性について説明され、地域の魅力を高めていくために、地域の「らしさ」と「ならでは」を大切にしていかなければならないと強調されました。

DSC_3271.JPG

今回は開塾を記念した公開講演ですので、塾生の他にも多数の方々が参加されて、会場には69名の方にお集まりいただきました。みなさん、真剣に山田塾長のお話をメモを取りながら聞かれていました。

南紀熊野地域をより魅力的な地域へ!これから南紀熊野観光塾始まります。

続きを読む >>

平成25年度 公開講座を開催しました。

8月25日(日)13:00〜15:00、和歌山大学南紀熊野サテライト連携協議会 平成25年度公開講座を県立情報交流センターBig・Uで開催しました。会場には南紀熊野サテライトの授業を受講されている方や、受講を検討されている方21名が参加されました。

講師は経済学部教授の大泉先生、紀州経済史文化史研究所特任准教授の吉村先生が務められました。

2人の先生はそれぞれ南紀熊野サテライト後期学部開放授業の「地域暮らしの安全学」「紀州郷土学B」を担当されています。今回はその授業への導入となる内容を講演していただきました。

まず「地域暮らしの安全学」を担当される大泉先生にご講演いただきました。

DSC_3166.JPG

「地域暮らしの安全学〜暮らしのなかのリスクを考える〜」という演題でした。講演のなかでは、安全学とは「リスク(危険)を知り、被害を防ぐ。被害から回復する。そのための手立てを考える」ことだと述べて、後期から始まる授業の狙いを受講者の方たちに伝えられていました。

次に「紀州郷土学B」を担当される吉村先生にご講演いただきました。

DSC_3206.JPG

吉村先生は、「熊野の祭と古座流獅子舞」について講演されました。講演では、熊野三山の祭や、古座流獅子舞をビデオや写真を使って紹介されていました。地元で祭に関わられている方からは「興味深いのでぜひ受講したい」との声が聞かれました。

DSC_3209.JPG

またこの日は、「紀州郷土学B」「地域暮らしの安全学」を担当されている先生からのビデオレターも上映しました。

「地域暮らしの安全学」

「紀州郷土学B」

ビデオレターも好評でした。

*「地域暮らしの安全学」は11月27日(水)まで受講生を募集しています。

続きを読む >>

宇宙バーを開催!

7月26日(金)19:00〜21:00、ナビゲーターに観光学部教授の尾久土正巳先生、ゲストにジャズボーカルの中谷泰子さんをお迎えして、宇宙バー「あなたと星と音楽と」を開催しました!

告知)宇宙バー.jpg

 

今回の会場はBig・Uから離れて、田辺市内にあるCafe&Bar B−1での開催。会場には30名の方が集まりました。この日アート田辺「通り×STORY」の開催のため田辺市に来ていた観光学部永瀬先生や学生さんらも駆けつけてくれました!

DSC_2762.JPG

「大昔、天文学と音楽は同じジャンルの学問でした。天体の運行に見られる規則性や調和は、音楽理論と通じるものでした。そんな天文学と音楽を共に楽しむのが、宇宙バー。素敵な音楽とともに、宇宙の中のハーモニーを楽しんでいただきます」

というコンセプトそのものに、尾久土先生の天文のお話に笑う場面やロマンティックな場面がありました。また演奏では中谷さんの歌声に終始、魅了されました。

続きを読む >>

第6回ジオ・カフェを開催しました。

こんにちは。和歌山大学  南紀熊野サテライトです。

7月20日(土)17:30〜19:30、ジオ・カフェ「みんなで作ろう!「わかやまごころ」のジオツアー」を開催しました。

今回も第5回ジオ・カフェと同じように、県立情報交流センターBig・Uの中庭で開催しました。(第5回ジオ・カフェの様子はこちら)

第6回ジオカフェ7月20日 .jpg

今回は、話題提供者に此松武彦さん(やまとごころ.jp編集長)、出口竜也先生(和歌山大学観光学部 教授)をお招きし、ナビゲーターを此松昌彦先生(和歌山大学教育学部 教授)が務めました。

DSC_2644.JPG 

 小学生や高校生、大学生から70代の方まで28名が参加しました。小学生からは「橋杭岩ってどうやってできたんですか?」という質問があがって、先生たちが丁寧に説明されていました。

DSC_2678.JPG

実は話題提供者の此松武彦さんとナビゲーターの此松昌彦先生はご兄弟で、兄弟の掛け合いに出口先生が加わって、会場は盛り上がりました。

続きを読む >>

カテゴリ

カレンダー

<<

 

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ