民法の現代的諸課題~医療過誤訴訟を中心に~

文字サイズの変更

ホーム > 開講授業 > 大学院科目等履修 > 過去に開講した授業 > 民法の現代的諸課題~医療過誤訴訟を中心に~

民法の現代的諸課題~医療過誤訴訟を中心に~

■ 申請期間 平成31年2月15日(金)~2月28日(木)

■ 大学院③「民法の現代的諸課題」(経済吉田).pdf

 授業のねらい・概要

民法は最も広範で包括な法律の代表と言っても過言ではありません。極めて多くの課題を抱えており、膨大な社会問題を解決する手段の一つです。その多くの社会問題の中で医療事故に関する紛争を本講義は法的観点から取り扱おうと考えております。医療事故(医療過誤)を医学的観点からではなく、社会的・法律的観点から考察し、被害者である患者に沿った映画やドラマを視聴して、民法や民事訴訟に関する知識を取得してもらおうと考えています。民法の専門書を講読・報告してもらうのではなく、山崎豊子原作の『白い巨塔』やその映画やドラマを視聴してもらい、現実感を持って医療過誤紛争にアクセスしてもらう予定です。民法は抽象的・専門的で、難解かつアクセスしにくいという感覚を持たれているかもしれません。しかし、民法は意外に身近で興味深いものであるということを理解してもらうことも狙っています。民法は難解で近寄りがたい存在から、身近で日常生活を送る上で非常に重要な存在へと変えることができれば幸いです。

 H31前期 募集要項ダウンロードはこちら.pdf