熊野郷土学B~郷土学からの地域振興~(新宮市会場)

文字サイズの変更

ホーム > 開講授業 > 学部開放授業 > 熊野郷土学B~郷土学からの地域振興~(新宮市会場)

熊野郷土学B~郷土学からの地域振興~(新宮市会場)

■ 申請期間 平成29年8月22日(火)~9月14日(木) ※追加募集9月20日~29日(必着)

■ H29後期学部:熊野郷土学B ~郷土学からの地域振興~.pdf

 この科目の会場は新宮信用金庫5階会議室となります

 講義概要

紀州郷土学Bでは、熊野地域の地質地形、気候、生物が育んだ、文化、歴史、地域産業を中心に郷土を取り上げ、その独自性について総合的に解説するとともに、地質地形の上に人が営み、現在の紀伊半島における多様性が形成されていることと、それを活用することが地域の独自性をより高め、それがここでしかできない持続可能な地域経営や観光、産業に結びつくことを学ぶ機会としていきます。後半は文化歴史によって作り出された地域産業や郷土の歴史を知ることから得られた社会認識から、地域の抱える課題について考え、今後の地域経営のあり方を持続可能性の視点から考えます。学生、地域づくり関係者、観光関係者、地域ガイド、ジオ関係者、教育関係者、UIターン者など幅広い分野からの受講を期待しています。

※重要※ 52円切手が62円に変わりました。

申請書を受け取った証明としてご連絡を差し上げる目的で、申請書類受付通知はがきも申請時に一緒にご提出いただきます。(募集要項についています)。郵便番号、住所、氏名を記入し62円切手を貼り、申請書類とともに提出してください。62円切手のないものは送付できません。
※持参による申請の場合は、はがきは不要です。

 H29後期南紀熊野サテライト募集要項 ダウンロードはこちら.pdf

※はがきを印刷される場合は10cm×14.8cmの原寸大の大きさで厚紙にお願いします。(郵便局の問題で、薄い紙の場合も受け付けできますが、できるだけ厚紙でのご協力お願いいたします)

ご不明な点がございましたら0739-23-3977までお問い合わせください。