『紀州郷土学2D』~地域資源の発掘と活用~(平成28年度後期開講)

文字サイズの変更

ホーム > 開講授業 > 学部開放授業 > 過去に開講した授業 > 平成28年度学部開放授業科目 > 『紀州郷土学2D』~地域資源の発掘と活用~(平成28年度後期開講)

『紀州郷土学2D』~地域資源の発掘と活用~(平成28年度後期開講)

■ H28後期紀州郷土学2D.pdf

 講義概要

紀州郷土学2では、紀伊半島(和歌山県と三重県南部の紀州地域を主とする)地質地形、気候、生物、文化、歴史、自然環境、郷土の学習、保全保護から「郷土:紀伊半島」を考えます。本科目では地質地形の上にある人々の営みが現在の紀伊半島の多様性をもたらしていることと、それらを活用して持続可能な地域経営につなげることの重要性を学びます。また、紀伊半島の地域資源の発掘と活用を促進するとともに、それらをインターネット上で編集、発信する手法を習得することが本科目のもう一つの目的となります。学生、地域づくり、観光関係、地域ガイド、ジオ活動者、教育関連者、UIターン者など、さまざまな分野の方々からの受講をお待ちしています。

※重要※今回から、申請書類受付通知はがきもご提出いただきます。(募集要項についています)郵便番号、住所、氏名を記入し52円切手を貼り、申請書類とともに提出してください。52円切手のないものは送付しません。
※持参による申請の場合は、はがきは不要です。

H28後期南紀熊野サテライト募集要項ダウンロードはこちら(最新).pdf

※はがきを印刷される場合は原寸大の大きさで厚紙にお願いします。(薄い紙の場合も受け付けできますが、できるだけ厚紙でのご協力お願いいたします)

ご不明な点がございましたら0739-23-3977までお問い合わせください。