南紀熊野観光塾第三期 開塾基調講演「地域の30年後の姿を考え、今なにをすべきか」(終了しました)

文字サイズの変更

ホーム > 公開講座 > 過去の公開講座 > 南紀熊野観光塾第三期 開塾基調講演「地域の30年後の姿を考え、今なにをすべきか」(終了しました)

南紀熊野観光塾第三期 開塾基調講演「地域の30年後の姿を考え、今なにをすべきか」(終了しました)

※塾の詳細、募集につきましては別途ご案内いたします。この塾の開塾を記念して基調講演を行います。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

2005年に観光カリスマ(内閣府・国土交通省(観光庁)・農林水産省 認定):「世界のトップレベルの観光ノウハウを各地に広めるカリスマ」として、これまでのヨーロッパを中心とした環境保全(環境保全活動プログラム、環境教育、環境アセスメント等。海外在住者として初めて日本の環境省に登録された環境カウンセラー)と世界各地における滞在プログラム・ツアーの実施と観光・集客交流の事業化、マーケティングの経験を活かし、観光・地域振興(まちおこし・自立型地域経営、サービス向上、人材育成や中心市街地・商店街活性化等)に関する講演やセミナーの講師として全国各地から招聘されている。また、日本国内でも地域振興・再生のコンサルタントとして様々な事業化(特に地域経営マネージメントの組織化)を進め、多方面で積極的に事業活動を展開し、多くの実質的な成果と結果を残す。民間企業やNPO法人の他にも多くの省庁や地方自治体の委員、プロデューサー、コーディネーター、アドバイザーを務め、大学や高等教育機関でも教鞭をとっている。近年は観光庁「訪日観光セミナー」講師、ミシュラン・グリーンガイドの取材コーディネイトも行う。2011年には週刊日経ビジネス誌において「次代を創る100人」の一人として選出された。

欧州では、ヨーロッパ・アルプス並びにスイス全土に渡る取材・撮影のコーディネーター、ライター(日本旅行作家協会 会員)、ビデオカメラマン、通訳としても活動。冬は、現地で唯一の日本人スキー教師、夏は、ハイキング、トレッキングガイドでもある。

スポーツに関しては、山以外でもセーリング(ヨット)競技の元国体選手であり、パラグライダーで空も飛ぶ。陸海空の全てをフィールドとしている。

基調講演に参加希望の方は、

①お名前、②ふりがな、③年齢、④性別、⑤住所、⑥電話番号、⑦FAX番号(あれば)、⑧所属

をご記入の上、メールの場合は nankuma●center.wakayama-u.ac.jp(←●を@に変更ください)まで

FAXの場合は 0739-23-3978までご送信下さい。

■お問い合わせ先:

南紀熊野サテライト FAX:0739-23-3978 

メール: nankuma@center.wakayama-u.ac.jp