【システム工学部】システム工学研究科学生の論文が『Journal of Optics, Featured article』に選ばれました

2014年8月26日

IOP publishing(英国物理学会出版局)の学術論文誌 Journal of Opticsの2014年4月号に掲載された本学システム工学研究科 渡辺果歩さんの論文が、高い興味を魅いた注目すべき論文(Featured article)に選出されました。

論文タイトル:
『Simultaneous measurement of refractive index and thickness distributions using low-coherence digital holography and vertical scanning』

Featured articleの選出について、同月において掲載論文16編中2編が、過去半年では138論文中8編が選出されています。

こ の論文は渡辺さんがシステム工学研究科博士前期課程在学中におこなった研究成果をまとめたもので、低コヒーレント光源を用いたディジタルホログラフィと1 軸方向の機械的走査の組み合わせにより、物体の屈折率と厚さの2次元分布を同時計測できる手法です。本手法の特徴は基準面の導入による簡素な実験系により 実現できる点にあり、工業製品の検査や生体試料の観察への応用が期待されます。本研究のダイジェスト版がLabTalkとしてIOPのwebに掲載されています。

渡辺さんは受賞に際し、「このような栄誉ある賞を頂き、非常に嬉しく光栄に思います。これに励みとし今後も研究に真摯に取り組んでいきたいと思います。」と話しています。

20140826award.jpg

選出をうけて伊東研究科長から表彰される渡辺さん

Journal of Optics(選出された論文のページはこちら)

和歌山大学システム工学部・システム工学研究科