リリース 【岸和田サテライト】3/19(水)第60回わだい浪切サロン「地域で支える高齢期の生活」(村田順子 教育学部教授)

2014年2月19日

終了しました。当日の模様は、ブログ「岸和田サテライトの毎日)でご紹介しています。

日時 : 2014年3月19日(水) 午後7時~8時半

話題提供者 :  村田 順子 (和歌山大学教育学部教授)

場所 :  岸和田市立浪切ホール 1階 多目的ホール

 

近年、高齢期にも住み慣れた地域で暮らし続けることを可能にするために、

地域包括ケアシステムの構築が目指されています。介護保険制度で提供されるサービスは

地域差が大きく、とくに小規模自治体では、在宅生活を支えるサービスの整備が進んでいません。

そのため、公的なサービスに頼るだけではなく、日常生活に不便や困難を感じている人たちを、地域住民が

関わりながら支えていく仕組みづくりが一層必要とされています。

  どうやって地域の中で高齢期の生活を支えていけばよいのか、支え合うコミュニティをどう育んでいけばよいのか

事例を通して考えます。

 

3zen-01.jpgacrobat_reader_50x50.gif(428KB)  マークをクリックすると拡大します。