【岸和田サテライト】12/17(水)第68回わだい浪切サロン「東アジアの中 の韓国文化」(柏原卓 和歌山大学名誉教授)開催

2014年12月3日

日時 : 2014年12月17日(水) 午後7時~8時半

話題提供者 :  柏原 卓 (和歌山大学名誉教授)

場所 :  岸和田市立浪切ホール 1階 多目的ホール

※事前申し込み不要、参加無料

韓国は中国と日本の中 間に位置して、古来日本に先進文化を伝えた国であり、逆に日本が武力侵略した不幸な歴史もありました。韓国は中国文化の架橋であり独自文化の発信地でもあ ります。例えば漢籍「論語」「千字文」や漢訳仏典の伝来は韓国経由です。古今の一端を列挙すれば、仏像、大蔵経、漢文訓読、瓦、陶磁器、高麗楽、明律清 律、朱子学、東医宝鑑、パッチ、海苔、ホルモン料理、歌謡・民謡、韓流など。逆方向もあり、前方後円墳、白村江戦、倭城、倭館、和製漢語、モボモガ、日本 語、庭球、漫画、日流など。それぞれ短時間で語りつくせません。日韓でたがいに特色を知りあうことが大切と考えます。
201412salon.jpg acrobat_reader_50x50.gifクリックすると拡大します。