【システム工学部】システム工学研究科学生が教育システム情報学会 研究会優秀賞を受賞

2015年3月19日

本学システム工学研究科の稲留太郎さんが教育システム情報学会の2013 年度(平成 25 年度)研究会優秀賞を受賞しました。

論文タイトル:
『透視図法を学習可能な AR によるスケッチ学習支援システムの開発』

本賞は、教育システム情報学および関連分野における学問の発展を奨励することを目的とし、教育システム情報学会の研究会で発表された研究の中から、学術的、技術的、実践的貢献を考慮の上、新規性および有用性を重視して審査され、特に優秀なものが選ばれて表彰されます。
2013 年度は、6回の定例研究会と 1回の特集研究会で総数155件の発表があり、その中から最終的に4件が研究会優秀賞として選出されています(それらの発表を審査対象とした賞としては、研究会優秀賞以外の賞は、設定されていません)。

授賞式は、稲留さんが大学院を修了して約半年後の9月に開催された2014年度の教育システム情報学会全国大会の最終日に行われました。偶然にも、その全国大会と授賞式の開催地は和歌山大学であったため、稲留さんも休暇をとって母校訪問を兼ねて授賞式に参加する予定でしたが、残念ながら仕事の都合で参加でき ませんでした。

20150319certificate.jpg