微小粒子状物質(PM2.5)による、大気汚染への対応について

2013年3月19日

微小粒子状物質(PM2.5)による、大気汚染への対応

微小粒子状物質(以下「PM2.5と言います」)の大気中の濃度(1日平均値)が環境省が示した注意喚起のための暫定的な指針値である70μg/㎥を超えた場合、以下の対応をとり、注意してください。

 

<日中の行動の目安>

・外出をできるだけ減らす

・屋外での激しい運動をできるだけ控える

・外出時にはマスクの適切な着用を行う

・室内の換気は必要最小限にする

(呼吸器や循環器系の疾患のある方など高感受性者は慎重な行動が望まれます。)