和歌山大学自然エネルギー研究会 第7回研究会 「地域と森を元気にするしくみ ー木質バイオマスエネルギーを中心に」

2015年7月3日

【産学連携・研究支援センター 湯崎教授】

7月7日(火)第7回和歌山大学自然エネルギー研究会開催。

森林と経済と地域づくりが併存する具体的な手法を検討します。

自由にご参加ください。

**************************************************************

 

和歌山大学自然エネルギー研究会 第7回研究会                                                                           

「地域と森を元気にするしくみ

 -木質バイオマスエネルギーを中心に」

 

今回は,木質バイオマスを地域熱源として活用するむらづくり,まちづくりのしくみを取り上げます。

講師の森さんは,林地残材の地域利用のしくみである「木の駅」に関わりながら,森林資源を活用した地域経済循環の隘路解決として薪ボイラーに注目。

先進地である欧州を調査し,日本の森と地域を元気にする具体的なノウハウを手に入れ,ついに起業までも実践しました。

地元で導入するための情報が満載です。

<主な内容> 木の駅と薪ボイラーによる地域循環の仕組み

     薪ボイラーから見える欧州の地域,自然エネルギーと産業 

     人口がV字回復した奇跡のレッテンバッハ村の事例 など    

 

日時:平成27年7月7日(火)10:50~12:20

 

場所:和歌山大学 産学連携・研究支援センター多目的研修室

話題提供:森 大顕 氏

◆株式会社 森の仲間たち 代表取締役

◆特定非営利活動法人 地域再生機構 理事

◆岐阜県立森林文化アカデミー 非常勤講師

 

*自由でダイナミックな意見交換をします。

*飛び入り参加歓迎

 

*お問合わせ/申込み:

和歌山大学 産学連携・研究支援センター 

c16d001@center.wakayama-u.ac.jp 湯崎真梨子

 

07sizen.jpgチラシ