平成27年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に和歌山大学(代表校)の取組が採択されました

2015年9月28日

9月28日(月)、文部科学省が公募した平成27年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に、和歌山大学(代表校)が申請した構想「わかやまの未来を切り拓く若者を育む“紀の国大学”の構築」が採択されました。

これは、和歌山県全域をキャンパスとするネットワーク大学「紀の国大学」を、県内大学・高専と大阪の総合大学及び和歌山県、県内企業団体で構築する、という構想です。

COC.jpg
PDFはこちらから

文部科学省による「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」とは

平成27年度から、大学が地方公共団体や企業等と協働して、学生にとって魅力ある就職先の創出をするとともに、その地域が求める人材を養成するために必要な教育カリキュラムの改革を断行する大学の取組を支援することで、地方創生の中心となる「ひと」の地方への集積を目的として実施する事業です。


【文部科学省】
平成27年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」の選定状況について