【観光学部】受賞しました!観光学部教員の監督作品が映画祭で「観客賞」

2015年10月1日


観光学部准教授の木川剛志先生が監督した短編映画「福井の旅」が、2015年9月23日(水)に開催された第17回長岡インディーズムービーコンペティションにおいて「観客賞」を受賞しました。

「福井の旅」は2014年に製作された落語家を主人公とした映画です。大阪から福井へと兄弟子の誘いでやってきた、かつての売れっ子落語家が、街の人たち とのふれ合いを通じて、昔の純粋な気持ちを取り戻すというストーリーです。低予算映画ながら、桂蝶六師匠(現、桂花団治)や露の都師匠が個性的な役を演 じ、福井市内の商店街の人たちも大勢登場します。映画の力を活用して、街の魅力を伝える、そんな地域活性化映画です。

award2015_kigawa.jpg

木川准教授のコメントなど、くわしくはこちら
(観光学部のページに移動します)