【協働教育センター】和歌山大学ソーラー4輪自転車プロジェクト北海道縦断! 読売新聞に掲載

2015年10月2日


和歌山大学ソーラー4輪自転車プロジェクトチームが、ソーラーパネルを搭載した約700kmの北海道縦断(函館~宗谷岬)に成功し、読売新聞に掲載されました。
記事URL:http://www.yomiuri.co.jp/national/20150928-OYT1T50065.html
(読売新聞のサイトへ移動します)

 

和歌山大学ソーラー4輪自転車プロジェクトは、アイデアマラソン研究所の樋口健夫氏の発案をきっかけに、2014年4月に和歌山大学観光学部の学生を中心に発足しました。
樋口氏から寄附していただいた2人乗り4輪自転車に太陽光発電による電動アシスト機構を取り付けて走行するもので、2015年2月には4日間で和歌山県(和歌山大学~新宮市、約250km)を縦断。今回の北海道縦断では、2015年9月21日に函館を出発、27日に宗谷岬に到着し、約700kmを走破しました。
和歌山大学Facebook関係記事はこちら

 

北海道縦断中.jpg

(写真は「Solbianca~ソーラー4輪自転車プロジェクト~」Facebookより)