【システム工学部】システム工学研究科学生がInternational Workshop on Informatics 2015でBest Paper Awardを受賞

2015年11月10日

本学システム工学研究科の山中優馬さんが、International Workshop on Informatics(IWIN)2015でBest Paper Awardを受賞しました。

論文タイトル:
「PBIL-RS: An Algorithm to Learn Bayesian Networks Based on Probability Vectors」

IWIN2015は、情報学とコンピュータネットワークに関する情報交換や議論などを目的として、9月に、オランダのアムステルダムにて開催されました。全24件の発表のうち、最も優れた論文として、山中さんの論文ほか1件が、Best Paper Awardを受賞しました。

なお、山中優馬さんは、11月にシステム工学部長・研究科長表彰を受けることが決定しています。