【防災研究教育センター】防災講演会・防災ジオツアーの開催について

2015年11月12日

和歌山大学では、(公社)地盤工学会関西支部および国土交通省近畿地方整備局とともに、紀伊半島大水害(平成23年台風12号豪雨災害)について取り組んできました。
その成果をとりまとめ、防災講演会及び防災ジオツアーを開催します。
豪雨による土砂災害や河川災害への備え、地域防災について、一緒に考えていきたいと思っておりますので、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

【防災講演会】
 「平成23年台風12号で何が起きたのか!2015 ~紀伊半島大水害の記録を伝えていく~」

 内 容:豪雨による土砂災害や河川災害への備えについて、講演会や展示を行います。
 開催日:平成27年12月13日(日)12:00~16:30
 会  場:那智勝浦町体育文化会館 2階(大集会室、第3&4研修室)
 定   員:200名
 参加費:無料 (申込不要)

【防災ジオツアー】
 「自然の恩恵・脅威と備え、その土地の暮らしの軌跡を知る」

 内  容:「想定外」豪雨による地盤災害への対応を考える調査研究活動について、
      担当者が現場で解説するツアーを行います。
      災害や地域の歴史を学び、今後の地域防災を共に考えます。
 開 催 日:平成27年12月12日(土)10:00~15:00
 開催場所:那智勝浦町内 (大門坂駐車場,金山谷,尻剣谷)
               大門坂駐車場集合(那智勝浦町市野々3034-2) 9:30受付開始
 定 員:30名
 参 加 費:1000円(昼食代実費)
 申 込 先: 和歌山大学防災研究教育センター (担当 本塚) Tel.073-457-7591
 申込期間:平成27年12月3日17:00迄

詳しくはこちらからご覧ください。
(防災研究教育センターのページに移動します)

 

防災講演会_表.jpg   防災ジオツアー_表.jpg