【CTR準備室】UNWTO、バングラデシュで仏教をテーマに観光開発会議を開催―本学からも日本の事例を紹介―

2015年11月16日

国連世界観光機関(UNWTO)とバングラデシュ人民共和国が主催する「南アジアの仏教中核地帯における仏教遺産及び巡礼路の持続可能で包括的な開発に関する国際会議」が、10月27~28日の2日間、同国首都ダッカ市にて開催されました。この会議に、本学国際観光学研究センター(CTR)設置準備室の副室長である加藤久美(観光学部教授)がゲストスピーカーとして登壇し、日本の仏教遺産や巡礼路の事例を紹介しました。

詳しくはこちらからご覧ください。
(国際観光学研究センター準備室のページに移動します)


Presentation.png
登壇する本学加藤副室長(CTR HPより)