【システム工学部】システム工学研究科学生が日本環境共生学会で論文賞を受賞

2016年2月10日

和歌山大学大学院システム工学研究科の谷佑亮さん、中尾彰文さんが、日本環境共生学会で論文賞を受賞しました。

論文タイトル:
「施設園芸農家による過去のCO2削減努力が炭素クレジット制度活用時の便益に及ぼす影響の分析」

日本環境共生学会の機関誌「環境共生」の第26巻(平成27年3月発行)に掲載された上記論文が、平成27年度日本環境共生学会学会賞の論文賞に選ばれました。

日本環境共生学会では、環境共生学の進歩・発展に著しく寄与した優れた研究業績としてその意義や貢献が多大であると判断される研究論文の著者に論文賞を授与しています。今回、平成25年度以降に学会機関誌に論文として掲載され、公表されている未受賞論文20件のうち、谷さん、中尾さんの論文を含む2件が論文賞に選ばれました。

なお、谷佑亮さん、中尾彰文さんは、3月にシステム工学研究科長表彰を受けることが決定しています。