【システム工学部】天野敏之教授が昨年12月に日本橋三越本店で行ったインスタレーションの実証実験の様子が、日経エレクトロニクス7月号に記載されました

2017年7月3日

和歌山大学システム工学部の天野敏之教授が、昨年12月に、日本橋三越本店のシンボルである天女像の芸術作品に、同氏が開発した新しいプロジェクションマッピング技術を応用して行ったインスタレーションの実証実験の様子が、日経エレクトロニクス7月号に記載されました。

同号では、「どこでもAR」という特集が組まれており、その中の「双方向で大迫力を演出 動体照射や質感操作も可能に」という記事で取り上げられています。

なお、7月16日(日)に行うオープンキャンパスにて、同実験の様子のビデオ展示のほか、天野教授のプロジェクションマッピングのデモを行います。興味をお持ちの方は、この機会に、是非和歌山大学までお越しください。