【11/30(木)必着】和歌山大学 観光学部・観光実践教育サポートオフィス 特任助教の公募について

2017年10月18日

教 員 公 募 要 項

 1.専門分野
  域学連携活動に関わるコーディネート業務および連携手法の普及啓発に関わる
  研究開発業務

 2.配置・職種・人員
  和歌山大学観光学部・観光実践教育サポートオフィス 特任助教  1

 3.勤務地
  〒640-8510 和歌山市栄谷930番地

 4.主たる職務内容
 (1)観光学部における域学連携活動(地域インターンシップ、学輪IIDA等)に関わるコーディネート業務
 (2)上記に関わる連携手法の普及啓発に関わる研究開発業務
 (3)上記に関わる教育研究活動の支援業務

     *地域インターンシップ・・・和歌山大学観光学部で実施している和歌山県内及び大阪南部の
                   市町村の協力のもと地域が抱える課題を学生が調査するプログラム
     (詳細は以下のURL等参照のこと)
      http://www.wakayama-u.ac.jp/tourism/internship/lip/index.html

     *学輪IIDA・・・南信州・飯田フィールドスタディなどを通じて飯田市と関係を深めてきた
             大学・研究者等によるネットワーク組織
     (詳細は以下のURL等参照のこと)
      http://gakurin-iida.jpn.org/

 5.採用時期
 平成30年4月1日

 6.応募資格
  (1)修士の学位を有する者
  (2)上記4.主たる職務内容に関連する教育研究実績および業務経験のある者

 7.勤務形態等
  契約期間:採用日から平成31331日まで
  (契約期間終了後、勤務成績・態度、業務の実績評価、大学の財務状況等を考慮し、契約を更新
  する場合がある。ただし、更新する場合においても最長でも採用日から
5年の範囲内とする。)
  5日勤務、基本勤務時間は8:3017:15 (裁量労働制適用無)
  休日:土、日、国民の祝日、年末年始(12/291/3
  (詳細は、国立大学法人和歌山大学特任教員雇用規程等による)

 8.待遇
  給与等:国立大学法人和歌山大学特任教職員給与規程による
  手当:通勤手当(支給要件を満たす場合は、本学の規定に基づき支給する)
  福利厚生:共済保険(健康保険)、厚生年金保険、雇用保険、労災保険

 9.応募書類
 (1)履歴書【様式1】 1部  【様式1】履歴書.xls(32KB)
 (2)研究業績等
   ①研究の概要【様式2】 1部   【様式2】研究の概要.docx(14KB)
   ②業績一覧【様式3】 1部   【様式3】業績一覧.doc(37KB)
   ③主要業績(別刷添付、コピー可、6点以内)  各1部
 (3)教育業績等【様式4】 1部   【様式4】教育業績等.doc(37KB)
 (4)域学連携に対する考え方、これまでの活動実績、今後の抱負に関するレポート【様式任意】
 (5)その他、必要に応じて証明書等の提出を求めることがあります。

 また、書類の作成にあたっては、「応募書類作成要領」をご参照下さい。
   応募書類作成要領.docx(25KB)

10.書類提出期限
  平成29年11月30日(木)必着

11.書類提出先
  〒640-8510 和歌山市栄谷930番地 和歌山大学総務課人事係
  なお、提出書類は封筒の表に「特任教員公募(観光学部・域学連携)書類在中」
  朱書きし、「簡易書留」で郵送のこと。

12.選考方法
  第一次選考:書類審査   第二次選考:面接審査
  第二次選考合格者には、別途役員等による面接等(プレゼンテーション、意見交換等)を行います。
  (事前に別途小論文を提出していただきます。題目は別途案内します。)
  ※和歌山大学観光学部では、男女共同参画の理念・国際化の理念に基づき、専門分野が合致し、
   同等の教育・研究・事業連携業績があると認められる場合には、女性教員や外国人教員を積極的に
   採用します。

13.注意事項
 (1)主要業績以外の応募書類は返却しませんので、ご留意下さい。
 (2)個人情報の保護に関する諸法令に基づき、応募に関する個人情報は、本件の選考以外の目的には
   一切使用致しません。
 (3)本件の選考にかかる旅費等につきましては、応募者のご負担となります。