【国際観光学研究センター】UNWTOリーフレット「観光と持続可能な開発目標」日本語版の作成に協力

2018年5月30日

このほど、国連の観光分野の専門機関である世界観光機関(UNWTO)駐日事務所(奈良市)では、リーフレット「観光と持続可能な開発目標」日本語版を発行しました。

このリーフレットの翻訳に、本学国際観光学研究センターと学生有志が協力させていただきました。

本リーフレットでは、国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)(下記)」として掲げられた17のゴールそれぞれに対して、観光がどのように貢献することができるのかがわかりやすく紹介されています。観光にかかわるみなさまにご覧いただき、ご活用いただけましたら幸いです。

下記のUNWTO駐日事務所ウェブサイトにて閲覧、ダウンロードが可能です。

UNWTO駐日事務所 リーフレット「観光と持続可能な開発目標」

 

持続可能な開発目標

持続可能な開発目標とは、2015年9月の国連サミットにおいて持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のために、2030年までに達成すべき貧困や飢餓の撲滅、教育、ジェンダー平等、衛生的環境、クリーンエネルギーの普及、経済成長、環境保全、平和構築など17の目標から成る「持続可能な開発のための2030アジェンダ」のことで、英語ではSustainable Development Goals(SDGs)と呼ばれています。
詳細は下記の外務省サイトをご覧ください。

外務省 SDGs(持続可能な開発目標) 持続可能な開発のための2030アジェンダ