【システム工学研究科】システム工学研究科学生が情報処理学会パターン認識・メディア理解研究会で月間ベストプレゼンテーション賞を受賞

2018年11月7日

和歌山大学大学院システム工学研究科の谷洸明さん(システム知能クラスタ博士前期課程1年、和田研究室)が、2018年9月に開催された、情報処理学会パターン認識・メディア理解(PRMU)研究会でPRMU月間ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

  • 発表タイトル:
    「局所相互情報量を用いたモダリティの異なる画像間の位置合わせ」

電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会は、画像や音声などを代表とする各種パターンメディアを認識・理解するための基礎理論から、その手法、各種応用技術までを対象分野としており、年8回開催しています。そして、各月の研究会において、若手研究者による優れた研究発表1件以下に対し、PRMU月間ベストプレゼンテーション賞を授与すると定められています。

2018年9月に行われた研究会では、対象となる合計24件の発表の中から、谷洸明さんが見事にPRMU月間ベストプレゼンテーション賞に選ばれました。

なお、谷さんは、11月にシステム工学研究科長表彰を受けることが決定しています。