【国際連携部門】シンポジウム『誰ひとり取り残さない社会の実現のために-海外と日本の日本語教育・日本語支援の現場から考える―』を開催します。

2018年11月9日

   現在、日本で労働者、留学生、子供たち、など様々な外国人が暮らしています。言葉の壁で仕事が手に入らない外国の人々、言葉の壁でいじめを受ける子供たち、言葉の壁で震災で命を落とした外国の人々。シンポジウムでは、4人のパネリストの方々に現状説明と問題を提起していただきます。そして、ご来場の方々との意見交換をしながら、今後の取り組みについて、パネリストと皆さんで考えます。

日時:2018年11月18日(日)13:30~16:00(13:00開場)
場所:和歌山大学東1号館(基礎教育棟)1階G-102
テーマ:『誰ひとり取り残さない社会の実現のために-海外と日本の日本語教育・日本語支援の現場から考える―』

是非、お越しくださいますようお願い申し上げます。

2018 第4回日本語教育研究会 シンポジウム.pdf(627KB)