【システム工学研究科】システム工学研究科学生が情報処理学会論文賞を受賞

2019年7月4日

和歌山大学大学院システム工学研究科の横谷晟人さん(コミュニケーション科学クラスタ2018年3月修了、吉廣研究室)が、2018年度情報処理学会論文賞を受賞しました。

  • 発表タイトル:
    「受信ノード主導型MACプロトコルのビーコン削減に基づいた長寿命センサネットワーク」

情報処理学会論文賞は、前々年の10月から前年の9月までに、同学会の論文誌に発表された論文のうち、特に優秀な著者に授与されるもので、役員ほか定められた推薦者および一般正会員の推薦に基づき選定委員会が選定します。横谷さんの論文は、外部電源のない状況下での無線センサネットワークの寿命を延ばす手法を提案したもので、IoT実現に向けて高い実用性がある研究として高く評価され、論文賞の候補として推薦されました。2018年度は、対象となる論文577編のうち、論文賞に選ばれたのは横谷さんのものを含む7編であり、非常に素晴らしい業績であると言えます。

なお、横谷晟人さんは、7月にシステム工学研究科長表彰を受けることが決定しています。