【10/1(火)~】文部科学省にて和歌山大学企画展示を実施―「和歌山大学がつくる新しい観光学」―

2019年10月1日

和歌山大学は、2019年10月1日(火)から11月11日(月)までの間、文部科学省エントランスにて企画展示「和歌山大学がつくる新しい観光学~観光による持続可能な発展を目指して~」を実施します。

また、11月5日(火)の午後には、木川剛志 観光学部准教授らによるイベント「日本国際観光映画祭を立ち上げて~観光と教育への意義と効果について」を予定しております。

開催期間

令和元年10月1日(火)~11月11日(月)

展示会場

文部科学省 エントランス(東京都千代田区霞が関3丁目2番2号 文部科学省新庁舎 2階)

開館時間

月曜日~金曜日 10時~18時
 (入館は閉館の 30 分前まで。土曜日・日曜日・祝日は休館)

テーマ

「和歌山大学がつくる新しい観光学~観光による持続可能な発展を目指して~」

展示背景・概要

和歌山大学観光学部は、国立大学で唯一の観光学部として、観光学分野における最先端の研究の推進をはじめ、UNWTO(国連世界観光機関)による観光学教育の質保証制度「TedQual」を国内で初めて認証取得するなど、質の高い教育研究を実践しています。
今回の企画展示では、①地域との連携に関する取組〔農村ワーキングホリデーへの参加、企業の商品開発への参画、地域インターンシッププログラム(LIP)の実践など〕、②国際的な連携に関する取組〔UNWTO・PATA(太平洋アジア観光協会)との国際連携活動、海外でのフィールドワークプロジェクト(GIP)の実践など〕の成果を実物やパネル、映像などで紹介いたします。

【主な展示物】
○実物展示
棚田米、自家製番茶、和歌山紋手ぬぐい、和歌山のえんどう豆及び紀州うすいきんつば、blossom ~さくら梅酒~ ほか
○映像
和歌山大学及び観光学部紹介
○パネル
「観光による持続可能な発展を目指して」、「和歌山大学の観光学教育」、「新しい観光学教育を支える仕組み」
 

●文科省情報ひろばHP
http://www.mext.go.jp/joho-hiroba/sp/index.htm