【国際観光学研究センター】2/26(水)~28(金) 開催!和歌山大学/UNWTO/JICA共催ワークショップ

2020年1月9日

和歌山大学では、国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所および独立行政法人国際協力機構(JICA)との共催で、第2回「次世代観光リーダー育成に向けたワークショップ」を開催します。

ワークショップは「Sustainable Development Action in Rural Tourism(ルーラルツーリズムにおける持続可能な開発に向けたアクション)」をテーマに、2月26日(水)から3日間、シンポジウム聴講や和歌山県内の現地視察、グループセッションを行います。

参加には事前の申し込みが必要です。下記ワークショップ情報欄をご確認ください。

観光振興や地方創生、国際協力、SDGsなどに関心のある学生(学校、学部、専攻不問)、若手実務者の皆さまのご応募をお待ちしております。

 

※2月26日(水)開催のシンポジウムは、一般公開されます。
こちらよりお申し込みください。 (UNWTO駐日事務所のウェブサイトに移動します。)

 

ワークショップ情報

テーマ

第2回「次世代観光リーダー育成に向けたワークショップ~ルーラルツーリズムにおける持続可能な開発に向けたアクション」
2nd Future Tourism Leaders Workshop “Sustainable Development Actions in Rural Tourism”

 

会場

和歌山大学(〒640-8510 和歌山市栄谷930)

 

内容

  1. 2月26日(水)午後 和歌山大学にて、シンポジウム聴講 *一般公開
  2. 2月27日(木)終日 現地視察(熊野古道や南部梅林など)
  3. 2月28日(金)終日 和歌山大学にて、グループセッション

※ワークショップは3日間の参加が必要です。

※使用言語:英語(シンポジウムは同時通訳あり)

 

費用

無料。ただし和歌山大学までの交通費および宿泊費は自己負担。

※現地視察に関する諸費用は主催者負担。

 

ワークショップ詳細情報および参加申し込み方法

UNWTO駐日事務所ウェブサイトよりご確認ください。