【国際観光学研究センター】2/26(水)開催!和歌山大学/UNWTO/JICA共催シンポジウム

2020年2月19日

和歌山大学、国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所および独立行政法人国際協力機構(JICA)は、下記のとおり公開シンポジウム「ルーラルツーリズムにおける持続可能な開発にむけたアクション」を共催いたします。

国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)の達成年である2030年まで10年を残すところとなり、この実現のためのアクションが求められる今、SDGsのさまざまな分野への貢献が期待される地域における観光のあり方について考えていきます。

参加には事前の申し込みが必要です。下記シンポジウム情報をご確認ください。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

シンポジウム情報

テーマ

ルーラルツーリズムにおける持続可能な開発にむけたアクション
Sustainable development ACTIONS in rural tourism

日時

2020年2月26日(水)13:00~16:30 (受付12:30~)

会場

和歌山大学 西4号館 T101教室(〒640-8510 和歌山市栄谷930)

プログラム

こちらよりご確認ください。(国際観光学研究センターウェブサイトへ移動します。)

共催

国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所、国立大学法人 和歌山大学、独立行政法人 国際協力機構(JICA)

後援

国土交通省 観光庁、和歌山県

シンポジウム参加申し込み及びお問い合わせ

UNWTO駐日事務所ウェブサイトよりご確認ください。