【周知】改正新型インフルエンザ等特別措置法に基づく緊急事態宣言の発出への対応について

2020年4月8日

学生 各位

                                                                                                                                          和歌山大学 学長 伊東 千尋

 日本政府は、COVID-19による感染症拡大にあたり、令和2年4月7日に改正新型インフルエンザ等特別措置法に基づく緊急事態宣言を発出しました。和歌山大学が在る和歌山県は指定地域ではありませんが、本学の多くの学生が居住する大阪府が対象として指定されています。これにより、本学は緊急事態宣言で指定された期間(4月8日〜56日)、学生の皆さんの登学を禁止し、図書館、体育館、グラウンド等の栄谷キャンパスにある施設を閉鎖するとともに、学生の課外活動も禁止とする措置をとることとしました。

 本来であれば、本学の最も活動的な時期であり、学生の皆さんにとっては、桜の下で、新しい希望を胸に、新年度を迎えた喜びを分かち合う時期であったと思います。この時期に本学を閉めることは、非常に残念です。しかしながら、学生の皆さんの健康を確保するとともに、本学から新たな感染者集団(クラスター)を発生させないためには、大学を閉鎖することが適切であると判断をしました。大学は皆さんの学びの場であると同時に、社会の公共財でもあります。この措置は、公共財としての大学が社会での価値を保つための措置でもあります。

 緊急事態宣言の期間、皆さんが節度ある行動をとっていただくことで、この感染症の広がりを抑制することができ、早期に社会を、そして大学を正常な状態に戻すことができます。この緊急事態宣言は、個人の行動を強制的に制限するものではありませんが、大学生としての社会的責任を自覚して行動していただくことを期待します。 

 今回の緊急事態宣言終了時に、COVID-19感染症が一定の収束を見ていることを期待しますが、そのようになるとは限りません。その場合には、皆さんの学びへの影響が非常に大きくなります。皆さんの学びへの影響を極力抑えるために、全学的に遠隔授業の積極的な導入を進めています。遠隔授業により、COVID-19への罹患リスクを低減させるとともに、皆さんの学修を進めることができます。もちろん、対面でなければ実施をできない、授業、実験あるいは実習があります。これらについては、感染防止対策を講じて実施していくことになります。この点、理解をお願いします。

 社会が、そして和歌山大学が一日も早く正常な状態に戻り、活気あるキャンパスを取り戻すために皆さんの理解と協力をお願いします。

緊急事態宣言を受けての本学での対応

1.4月8日から非常事態宣言で指定される期間(以下、当該期間)、和歌山大学の教育活動を休止し、授業開
 始日を5月7日(木)とする。なお、これに伴い、学年暦を変更する。

2.当該期間、本学への学生の立ち入りを禁止し、図書館、体育館、グランド等の施設を閉鎖する。

3.当該期間、学生の課外活動を禁止する。

体調不良の場合、新型コロナウイルスに罹患した(おそれのある)場合

 発熱や咳等、体調が良くない場合は、症状と経過を危機管理窓口に報告してください。
 また、罹患のおそれがある場合等の対応については下記保健センターのページを参照してください。
 新型コロナウイルス感染症について