【災害科学・レジリエンス共創センター】初の合同訓練 和大×社会福祉協議会 広域同時多発災害対応訓練

2021年2月16日


災害科学・レジリエンス共創センターでは、「和歌山大学の防災力強化」ならびに「防災・減災・復興の担い手づくり」を目的に、学内常設の災害ボランティア拠点を設置し、地域とも連携して災害に強い人材の育成に取り組んでいるところです。

大規模災害が毎年のように発生する近年、被災地の復興にボランティアの力は不可欠となってきており、被災地でボランティア活動の拠点となる災害ボランティアセンター(以下、災害VC)も、昨今は民間団体など多様な主体により運営されるようになり、大学にもその役割が期待されています。

このような情勢に鑑み、市町村社会福祉協議会以外の機関では初の試みとなる「広域同時多発災害対応訓練」の合同開催に、この度、当センターが取り組みます。

災害VC設置・運営のシミュレーションを行い、また、紀北エリアの市町村社会福祉協議会とオンライン会議システムにて接続するなどコロナ禍の状況下における新しい災害VCの運営方法についても検証します。

日 時:令和3年2月20日(土) 9:00~12:00

場 所:紀伊半島価値共創基幹(東3号館 南棟 1階)

主 催:災害科学・レジリエンス共創センター

協 力:和歌山県社会福祉協議会、和歌山市社会福祉協議会

プレスリリース(334KB)

実施要項(624KB)