3/11(木) 和歌山大学災害ボランティアステーション(愛称:むすぼら)開設記念行事

2021年3月12日


和歌山大学災害ボランティアステーション(愛称:むすぼら)開設記念「いま・ここでできるボランティア~地震被災地に手作り瓦を送ろう」を実施しました。

災害科学・レジリエンス共創センターでは、東日本大震災発生から11年目が始まった2021年3月11日、災害ボランティア拠点を立ち上げ、和歌山大学災害ボランティアステーション(愛称:むすぼら)と名付けました。

折しも、福島県沖では先月2月13日に東日本大震災の余震とみられるマグニチュード7.3もの地震が発生、福島県内で多くの家屋の屋根瓦が崩落するなどの被害が発生していました。

むすぼらでは、開設記念行事を、緊急のボランティア活動とすることに決め、学生・教職員に呼びかけました。コロナ禍の今、被災地から遠い和歌山でもできる「アシスト瓦*づくり」です。

*アシスト瓦とは、段ボールと防水シートで手作りする応急用の瓦の代用品です。

学生・教職員など20名が分担・協力しながら瓦作りを行いました。参加者が暖かいメッセージを書き添え、51枚の瓦が完成。和歌山からの熱い思いを瓦に込めて、福島県新地町に確かにお届けしました。
 

▼「むすぼら」に関しては、こちらをご覧ください。

むすぼらAむすぼらB

むすぼらCむすぼらE