和歌山大学は生涯あなたの人生を応援します。

山本学長メッセージ
『和歌山大学2013~15年行動宣言』の公表にあたって
教養の森
教育学生支援機構
地域創造支援機構
和歌山大学教育サポートシステム(Live Campus)
システム工学部学科再編
教員免許状更新講習 教職大学院

入学希望者のみなさま

在学生・保護者のみなさま

卒業生のみなさま

企業・研究者のみなさま

社会人・地域のみなさま

ホーム >  ピックアップニュース一覧 >  岸和田サテライト5周年記念フォーラムを開催しました

岸和田サテライト5周年記念フォーラムを開催しました

mixiチェック

2011/12/03

 平成23年12月3日(土)、和歌山大学岸和田サテライトが入る岸和田市立浪切ホール特別会議室におきましてサテライト開設5周年記念フォーラム「わだい発!地域創造と大学サテライト」が実施され、地域の方、岸和田市・和歌山大学関係者約100名が参加されました。

 フォーラムは2部制となっており、第1部は「岸和田サテライト5年のあゆみとこれから」と銘打ったプログラムとして、山本 健慈学長、そして出口 修司・岸和田市副市長の主催者挨拶の後、4名の受講生代表が登壇し、岸和田サテライトで学ぶ事になったきっかけや経緯、また今後の抱負やサテライトへの期待を語り合い、これまでのサテライトのあゆみを振り返りました。

そこでは、岸和田サテライトでの受講を決めた理由として「泉州地域に住む者にとって立地条件の良さ」「仕事をしながら受講しやすい開講プログラム」「地域の経済・歴史と関連した開講科目がとても充実している」という複数の点が揃っていたという声や、「岸和田に学びの拠点がある価値は高い。地域に立脚する学びの場としてぜひ10周年、30周年と、いつまでも存続をして欲しい。」といった期待が寄せられていました。

 続いて、サテライトでの関わりを軸として岸和田市と和歌山大学が連携して取り組む、岸和田をフィールドとした各種研究活動を報告。和歌山大学の研究者と岸和田市の行政・団体関係者や地域の方が共に登壇し、研究の概要を来場者に報告・共有しました。

「地域を支え、地域に支えられる大学づくりの取組み」
【1】岸和田市における都市居住空間の在り方に関する研究(梶野 省治氏/岸和田市役所政策企画課長、堀田 祐三子/観光学部准教授)

【2】岸和田市まちづくり創造研究会防災チームの実践から(原口 正彰氏/岸和田市星ヶ丘町、此松 昌彦/教育学部教授・和歌山大学防災研究教育センター長)

【3】農産物直売所来店者アンケート調査結果報告(谷口 敏信氏/JAいずみの常務理事、藤田 武弘/観光学部教授、藤田・大浦ゼミ生「チーム愛彩」)

【4】夏の岸和田市フィールドワーク(坂口 龍矢氏/REALIZE代表・地域保全活動、足立 基浩/経済学部教授、西山 剛/経済学部2回足立ゼミ生)

 第1部のまとめとして、地域創造支援機構長である堀内秀雄理事・副学長より、「地域創造支援と大学サテライト -Diversity&Inclusionの視座から- と題して、「地域を支え、地域にささえられる大学」に向けた岸和田サテライトの新たな展開への抱負と期待が語られました。

 

 第2部は、大学教員が研究分野や旬のテーマを分かりやすく地域の方向けに講演・交流する定例開催講座「わだい浪切サロン」の記念特別版として、「わだい浪切サロンスぺシャル“歴史に学ぶ 民のちから”」と題し、語りと講演が行われました。

【語り】「志は遠大に、心は小翼に -稲むらの火 ごりょうさんの心」(﨑山 光一氏/和歌山県広川町語り部サークル代表)

【講演】「『民衆』の発見 -紀州が生んだ反骨の歴史家 西岡 虎之助」(海津 一朗/教育学部教授)

 その後は交流会も行われ、学長・理事も含めた様々な意見交換を実施。和歌山大学がめざす「地域を支え、地域に支えられる大学」の地域拠点として、今後とも努力・発展の決意を新たにした記念フォーラムとなりました。

 

岸和田サテライト5周年記念フォーラムを開催しました 岸和田サテライト5周年記念フォーラムを開催しました 岸和田サテライト5周年記念フォーラムを開催しました 岸和田サテライト5周年記念フォーラムを開催しました

前の記事へ

次の記事へ

関連サイト