訪問者別リンク

学生センター

奨学金(制度全般)について

奨学金制度の概要

奨学金制度としては、日本学生支援機構の奨学金が主ですが、その他にも和歌山大学家計急変奨学金、地方公共団体等の奨学金があります。いずれも学業・人物とも優秀で、経済的理由により修学が困難である者に対して、本人の願い出により選考のうえ、貸与されます。

なお、奨学金について、ご不明な点があれば、学生センター(学生支援課 TEL073-457-7128)までお問い合わせください。 

日本学生支援機構奨学金 

貸与期間 : 採用されたときから卒業するときまでの最短修業年限です。

募集期間 : 掲示で募集しますので、学生センター前の掲示板を参照してください。

緊急採用(第一種)・応急採用(第二種)制度:失職、破産、会社の倒産、病気、死亡等または火災、風水害等による家計急変のため、緊急に奨学金貸与の必要が生じた場合、随時に出願できます。

 ※本学では日本学生支援機構の奨学金の申込みはすべてインターネットで行っています。

振込 : 奨学生本人の預金口座に毎月1回当月分が振り込まれます。

異動 : 休学または退学をする場合には、学校への手続きだけではなく、奨学金の手続き(休止・退学)も必要です。

※奨学金の退学手続きを迅速に行わないことにより、延滞金の加算、個人信用情報機関へあなたの個人情報が登録されるなど不利な条件が課されることもあります。

返還 : 日本学生支援機構の奨学制度は、国の予算からの借入金と奨学生であった者からの返還金を主な財源としています。このため、在学中に貸与された奨学金は卒業後確実に返還しなければなりません。 

奨学金の種類と貸与月額
奨学金の種類学種貸与月額
第一種 無利子 大学第一種奨学生 自宅通学 30,000円、45,000円から選択
自宅外通学 30,000円、51,000円から選択
大学院第一種奨学生 修士・博士前期課程 50,000円、88,000円から選択
博士後期課程 80,000円、122,000円から選択
第二種 卒業後あるいは退学後、3%(上限)の利子がつきます。

大学第二種奨学生

30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円から選択

大学院第二種奨学生

50,000円、80,000円、100,000円、130,000円、150,000円から選択
併用 経済的理由があれば、第一種と第二種の両方を貸与することができます。

家計急変奨学金

本学では、学資負担者の家計急変(失職、破産、倒産、病気、死亡若しくは地震・風水害の被害等)により修学を継続することが経済的に困難となった学生の学費・生活費を援助することを目的とした奨学金制度があります。

貸与額: 無利子貸与とし、一時金10万円、20万円、30万円より申請者が選択する。

返還期間 : 貸与された翌月から卒業後3年以内。

地方公共団体等の奨学金

日本学生支援機構の他に、地方公共団体や各種団体等が扱っている育英奨学金制度があります。これらの募集は、ほとんどが4~5月に集中しており、学生センター前の掲示板および本ホームページに随時掲示・掲載しています。

この他に、大学に直接募集がないものもありますので、各団体、出身の都道府県に各自問い合せてください。

博士後期課程支援奨学金

本学には、和歌山大学消費生活協同組合と協力して実施する、大学院博士後期課程に入学する優れた資質や能力を有する学生の経済的安定を図ることを目的とした給付型奨学金制度があります。

申請資格、給付額および申請方法等の詳細につきましては、学生募集の時期に合わせて、その都度、本学ホームページ内各研究科博士後期課程の「入試関連情報」に掲載(システム工学研究科はこちら、観光学研究科はこちら)しますので、申請希望者はご確認の上、申請するようにしてください。

ご不明な点等ございましたら、学生支援課(073-457-7128)までお問い合わせください。

(参考)

和歌山大学博士後期課程支援奨学金規程

 

このページの先頭へ