微小粒子状物質(PM2.5)に関する対応について

2013年4月1日

                                                                                     平成25年4月 1日
学 生 一 般
                                                                    理 事(教育学生支援担当)
                                                                    安全衛生委員会
 

                        微小粒子状物質(PM2.5)に関する対応について
 

このことについては、報道等により関心が高まっているところですが、和歌山県教
育庁学校教育局より、和歌山県では3月9日から監視体制に入ったとの連絡を受けま
した。
基準値を超え和歌山県から注意喚起があった場合、本学では、平日に限りホームペ
ージ及び教育サポートシステム(LiveCampus)にてお知らせいたします。
なお、注意喚起があった場合の授業・課外活動に関しては、以下のとおり取扱いま
す。
 

○授業等は、授業休止等の措置はせず、時間割どおり実施します。ただし、屋外で
行う授業(体育実技等)について、担当教員の判断において、適宜授業実施場所変
更を行うことがあります。
○屋外で行う課外活動は、できるだけ自粛するようにしてください。
呼吸器系や循環器系の疾患がある場合や高感受性の方は、各自において慎重な行動
をお願いいたします。
 

和歌山県の注意喚起については、下記のページを参考にしてください。
・和歌山県HP http://www.pref.wakayama.lg.jp/
・環境省HP「そらまめ君」 http://soramame.taiki.go.jp/

お問い合わせ

PRism