出席管理システムの導入について

2012年5月9日

平成24年4月のIC学生証導入に伴い、学生証を教室に設置しているICカードリーダにかざすことで出席情報が集約される出席管理システムを導入いたします。

本学では、出席管理システムにより、学生の皆さんへの修学指導、生活指導および成績評価に活かしていきたいと考えています。

一部授業科目で既に運用している例もありますが、今後教員への利用説明会を行った後に下記のとおり運用を開始しますので、下記内容を理解した上で使用してください。

○使用の範囲
担当教員から出席管理システムを使用すると指示があった授業科目の出席管理
各種ガイダンスやイベントの参加者把握など

○使用方法
教室に設置されているICカードリーダ または 教員が持参した移動式ICカードリーダの読み取り箇所に、IC学生証をかざしてください。
※ ICカードリーダ画面に、「学生番号」、「氏名」が表示されたか確認してください。
※ 他のICカード(Felicaなど)と重ねて使用しないでください。

○出席情報が集約される標準時間
授業開始時間10分前 ~ 授業終了時間
ただし、担当教員により、時間の設定が異なる場合があります。
科目毎の出席・遅刻となる時間は、担当教員に確認してください。

 時限

授業時間 

出席情報が集約される標準時間 
出席となる時間 遅刻となる時間
1  9:10 ~ 10:40    9:00 ~ 9:40     9:40 ~ 10:40 
2 10:50 ~ 12:20  10:40 ~ 11:20  11:20 ~ 12:20
3 13:10 ~ 14:40  13:00 ~ 13:40  13:40 ~ 14:40
4 14:50 ~ 16:20  14:40 ~ 15:20  15:20 ~ 16:20
5 16:30 ~ 18:00  16:20 ~ 17:00  17:00 ~ 18:00
6 18:10 ~ 19:40  18:00 ~ 18:40  18:40 ~ 19:40

集約時刻は、ICカードリーダ画面に表示されている時刻です。
IC学生証を忘れて、出席が入力できない場合は、担当教員へ申告してください。

○その他
出席が入力できないなど、IC学生証に異常が見られる場合、また、不明な点などは、学生センター(学務課)まで申し出てください。

お問い合わせ

PRism