システム工学研究科トップページ

クラスタ・研究者紹介

幅広い知識と専門性を高める
9つのクラスタ

本研究科では幅広い知識に加えて専門性を高めるため、研究指導の単位として教育研究クラスタを設けています。このクラスタは、共通の研究目標を持つ教員と学生で構成されており、その中での教育研究活動をとおして学生のシステム工学エンジニアとしての高度の専門性を養成します。
教育研究クラスタは、社会ニーズが高く、次世代技術のキーとなる領域を対象に、9クラスタを設置します。

コミュニケーション科学
快適で安全な
次世代社会のコミュニケーション

人を中心としたあらゆるコミュニケーションに関する新しい技術や方法論などについて教育研究を行います。モバイル通信やインダストリアルデザイン、地域環境計画など応用分野で活用し、社会に貢献できる能力を身につけます。

先進情報処理メカトロニクス
知的な機械情報システムを創造する

生物体の形態、運動、構造、機能を擬した先進的な機械情報システムを創造することを目的として、人工知能、システム制御、ロボティクスなどの分野について先進的な理論と技術を探求します。また研究プロジェクトに参画することで最先端の研究開発を行うことのできる能力を養います。

知能科学
人間の知能を科学する

近未来社会では、日常生活のあらゆるものがインターネットを介して情報のやりとりを行い、人とモノ、人間知能と機械知能の融合が加速するでしょう。そこで本クラスタでは、人間の知能原理・行動原理を探究し、人間と機械の融合に向けた次世代インタフェースを開発し、情報ネットワークをベースとした新しい通信技術を実現するための教育・研究を行います。

デザイン科学
「あるべきもの」を科学し、
「カタチ」にする

多様な要求や諸条件を分析し、具体的な「かたち」として創造的・系統的に統合する、デザインの理論と技術を科学的・工学的に教育研究します。ひと・もの・環境の協調的システムへの理解を深めます。

システム知能
学習・識別・検索・変換を
通じたシステムの高度化

テキスト、音声、画像など様々なメディア情報の解析と生成および提示に関する研究を通じて、メディア固有の問題に拘ることなく、「学習」「識別」「検索」「変換」など、共通する情報処理の枠組みを探求し、情報処理システムの高度化と知能化を目指します。

物理工学
「物理」をベースにした新しい工学の創出

物理学や材料の知見に基づいて、新たな仕組みのマイクロマシンやアクチュエータの実現、光による情報の超高速伝送・高機能処理・3次元記録技術・顕微イメージング、超音波を用いた計測、および物理モデルの数学解析に関する教育と研究を行ないます。確とした学問をベースに、日々進展している技術と新たな発想とを加えながら、デバイス・方式・システムにわたる分野の議論を行ないます。

ナノマテリアル
未来を見据えた機能性ナノ材料の
創造と応用を目指して

新たな機能性物質や生体関連物質の設計と開発、原子・電子レベルでの相互作用の発現、電子や光子一個でも動作する素子の開発などの先端科学技術と専門的知識について、実験的・理論的な教育研究を行ない、最先端の「ものづくり」と開発・研究に対応できる人材の育成を目指します。

ナノテクノロジー
ナノスケールで物質を知り、
新しい技術を創り出す

物質を構成する原子・分子を思い通りに配列・操作して、新たな機能をもつ材料やデバイスを作り出すことを目指します。とくに、ナノレベルでの物質の物理的理解に基づいて、新規物質の合成、種々の物性の先端的計測、新機能発現とデバイス応用など、ナノテクノロジーの核となる教育研究を行います。

知的モデリング
人も自然もモデル化する/
あらゆる現象をモデル化する

実世界の対象や現象を数理工学的にモデル化し、システム設計・解析やコンピュータ・シミュレーションを通じて、実問題解決のための理論と技術の教育・研究を行います。具体的には、システム工学における、数理、形状、社会、環境などのモデリング手法を学び、モデルの構築と妥当性の評価の幅広い議論を行います。