システム工学研究科トップページ

グローバルエンジニアコース

授業科目

  • システム工学グローバル講究I (2単位)
    それぞれの専門分野に応じて、国外機関との共同研究の実施を前提として、国内外の研究開発事例の調査を踏まえて、研究の目的・課題の展開と集約の技法、技術文書の構成法、プレゼンテーション・ディスカッションの技術などを演習形式で修得します。加えて、国外機関での1ヶ月程度のインターンシップを実施するための準備、および相手機関との連絡・調整し、インターンシップ計画を作成・提出により単位を認定します。
  • システム工学グローバル講究II (2単位)
    それぞれの専門分野に応じて、1ヶ月以上の国際インターンシップにより国外機関との共同研究を実施します。得られた成果の分析、関連領域への影響を解析し、報告します。さらに、技術と社会環境との相関など、グローバルな視点から問題とその対応方策について演習形式で修得します。
  • システム工学特別研究 (6単位)
    システムエンジニアリングコースと共通する科目です。
    上記の他、修了要件に含める事はできませんが、複合領域の学修のため、博士前期課程向けに開講されている科目の修得を認めています。

研究指導

学生は、一つのクラスタに所属し、日常的に研究指導を行う教員(1名あるいは複数名)が指定されます。指導教員による日常的な研究指導の下、それぞれの専門分野に応じて、新規性・有用性に優れた研究開発課題を探索し、妥当な解決法を見出して、実際に開発を推進する能力を養います。担当教員の関係する共同研究等における意見交換も行い、実用性を含むさまざまな視点から適切な評価を行って、研究開発の方向性を調整する能力もあわせて養います。研究論文に過大な重点をおくことよりも、研究開発対象の基本的アイデアが関連学会の学術論文として発表できるレベルであることが求められます。

修了要件

授業科目履修による10単位を修得し、必要な研究指導を受け、1ヶ月以上の国際インターンシップを実施しその報告を行った上で、本学大学院の博士論文の審査および試験に合格することが必要です。優れた研究業績を上げたと認められる者については、在学期間が短縮されることがあります。

授与する学位

「博士(工学)」を授与します。