立体物の全周囲見かけの制御

mirror_reflection_system.jpg

鏡の反射を用いた全周囲の見た目の操作

プロジェクタカメラユニットではプロジェクタ(Projector)とカメラ(Camera)の投影中心(投射線の交点)をプレートビームスプリッタ(Plate Beam Splitter : PBS)によって光学的に同じ位置に配置することで,物体の位置や形状に不変な投影映像のマッピングを実現しました. PBSで反射された光はユニット上部で減衰反射の後に吸収されます.それぞれのユニットは情報共有なく独立に制御されており,形状モデルやユニットの位置合わせを必要としない,適応的なプロジェクションマッピングを実現します.