Projected Light Microscopy

plm.png

光学顕微鏡の照明装置の光路中にLCDプロジェクタによる変調操作を加え、観察資料上に任意のパターン照明を投影します。また,この様子は双眼接眼レンズとカメラポートに取り付けられたビデオカメラで観察することができ、プロジェクタカメラフィードバックにより光学的な見えの強調を行うことができます。具体的には、この光学系を用いたプロジェクタ・カメラフィードバックによりミツバチの口器のコントラスト強調、湿組織やミジンコ上の光沢除去、均一照明による画像処理品質向上、石英の色偏差強調などの技術を実現しました。この研究はJohannes Kepler University LinzのProf. Oliver Bimberと共同で行いました。