統計的データ解析の産業応用

日々の生活において過去の情報を活用し、その情報をもとに未来を予測することや経験をいかして行動するような場面は多くあります。 特に新しい商品や仕組みを販売して利益を上げ続けることが必要となる産業界においては、実験や観察によって得られたデータを上手に活用し、目指すべきゴールへ最短で到達することが重要です。 このような要求に応えるべくデータ解析手法を研究し、その成果をさまざまな分野へ応用して新しくスマートなシステムの開発に取り組んでいます。

バイタルサインモニター

予防医学で重要とされる情報はバイタルサインです。 バイタルサインとは血圧、脈拍、体温、呼吸数を指し、文字通り生きている証です。 これらの測定には一定の時間がかかるために意外と面倒くさく、もっと簡単に測定したいという要求が多くあります。 これらの問題の解決に脈波信号を用いたバイタルサインモニターや体温推定手法の研究を行っています。 目指すところはウェアラブル生体モニターやスマートフォンでの健康診断などのスマートヘルスケアです。




ウェアラブルアシストシステム

医療・介護や農業、その他流通倉庫などでの利用を考えてアシストスーツが研究されています。 実際の現場の意見として高価なため導入は難しいと聞きます。 そこで出来るだけ簡単な構造を持つことで価格を抑えつつ要求される性能を満たすべく、 現在研究を進めております。 目指すところは電気的なアクチュエータを使用しないアシストスーツやひとつのモータで重量物を支持する電動自転車と同価格のアシストスーツです。




大規模データの解析とスマートシステムの開発

沢山のデータの中から多くの項目の因果関係を明らかにし、それを計測(予測、診断、評価)や設計に応用し、信頼性が高く賢いシステム(ロバスト+スマートシステム)を創造する方法について研究しております。 特にモデル化が困難な対象に対して実験データを解析することで設定された性能を満足するような設計手法、 またそれを応用した新しいロバスト+スマートなシステムの開発を進めています。

戻る