CMake

CMakeの勧め

 CMakeは,ソフトウェアのビルドの自動化ツールです。

 Windows では Visual Studio,Linuxでは Make などのツールを使ってプログラムのコンパイルを行うことが多いが,使用するライブラリや動作環境に応じて,さまざまな設定を行う必要があります。 例え ば,OpenGLやOpenCVなどを利用するプログラムをコンパイルするとき,ヘッダファイルの場所,ライブラリー名やその場所などを指定する 必要があるが,それらの情報の入手,そして具体的な設定方法は,初心者にとって特に難しいです。

 CMakeは,ユーザをこの煩雑な設定作業から解放してくれます。簡単なテクストファイルを一つを作れば,後の処理はCMakeは自動的にして くれます。さらに,CMakeは Widows,Linux, Mac 等の環境に利用できるので,同じプログラムはどの環境においても同じようにビルドすることができます。Qtツールキットの謳い文句を借りると,

 Write once, Compile everywhere  ということを実現で きます。

   -- この言葉もまた、Javaの謳い文句(Write once, Run everywhere) を 真似して作ったかもしれません。

1. CMakeを使ってC++のプログラムをコンパイルしましょう
2. 複数のプログラムをコンパイルしましょう
3. 複数のソースプログラムから構成されるプログラムをコンパイルしましょう
. バー ジョン番号と設定用ヘッダファイルの追加
5. ライブラリとリンクしましょう
6. OpenGLのプログラムをコンパイルしましょう
7. Qt5のプログラムをコンパイルしましょう
8. OpenCVのプログラムをコンパイルしましょう