和歌山大学 システム工学部 システム工学科 環境科学メジャー 社会基盤システム学研究室

在校生/受験生向け情報

ゼミ活動

PCを使った環境情報解析 現場土質試験 河川水質調査

(左):PCを使った環境情報解析, (中):現場土質試験, (右):河川水質調査

<メンバー(2017年度)>

大学院 博士後期課程3年生 : 1名(社会人)
大学院 博士前期課程2年生 : 2名(男子学生2名)
大学院 博士前期課程1年生 : 1名(男子学生1名)
学部  4年生       : 7名(男子学生7名)

卒論・修論・博論

方針 『モデリング技術を利用した環境・社会基盤の現状や将来の分析・評価・提案』
モデリング技術をベースとした土木・環境コンサルティング力を身に付ける.
テーマ(PDF)土砂災害・洪水 : 学術団体との共同研究
災害廃棄物管理 : 大学,国立研究所,民間企業との共同研究
土壌地下水汚染 : 民間企業や自治体との共同研究
流域水問題 : 自治体や財団との共同研究
その他研究の多くは,外部機関との共同研究として,もしくは財団などから研究助成金を受けて実施しています.また,研究成果は土木学会や地盤工学会などの学術団体の論文集や研究会で積極的に発表しています.「主な内容」のPDFファイルは学生が研究発表で使用したものです.

資格(ゼミ活動に直接関係するもの)

この分野の実務で最も役立つ資格は『技術士・技術士補(国家資格)』です.

技術士の受験には,技術士一次試験に合格し技術士補登録してから一定期間の実務経験が必要ですが,技術士一次試験(環境システムコースのページへ)であれば在学中に受験できます.

土木・環境分野(建設部門,上下水道部門,衛生工学部門,環境部門)での受験であれば,環境科学メジャーに所属して環境システムコースか環境化学コースを選択することで(それぞれのコースの推奨カリキュラムを履修することで)十分対応可能です.

試験内容は技術系の公務員試験(土木職,環境職・化学職)とも重なるため,民間企業(土木・環境系)への就職を希望する学生だけでなく,技術系公務員志望の学生にも是非挑戦してもらいたい資格です.

国家資格の技術士・技術士補と位置付けは異なりますが,環境システムコースでの勉強が活かせる資格に(公社)土木学会の『土木技術検定試験』(環境システムコースのページへ)があります.

この検定試験は,土木学会認定土木技術者資格制度における「2級土木技術者」資格審査を兼ねているため,得点が所定の点数を超えると「2級土木技術者」としての認定を受けることができます.受験資格はないため,在学中の受験が可能です.また,希望する日時と試験会場で受験でき,試験終了後すぐに結果がわかるというメリットもあります.

一方,環境化学コースでの勉強が活かせる資格には『環境計量士』があります.将来,水や大気の濃度分析業務に携わりたいなら,この資格を目指すのがよいのではないかと思います.ただ,環境化学コースはできたばかりでまだ学生がいませんので,今後合格者が出たらこのホームページで紹介していきたいと思います.

その他,建設会社であれば環境システムコースが認定されている『土木施工管理技士』(環境システムコースのページへ),工場・事業所などの環境管理部門で働くなら『公害防止管理者』,土壌地下水汚染に関わる仕事に就きたいなら『土壌汚染調査技術管理者』などが関連する資格です.

ただし,これら資格の受験には実務経験が必要なため(在学中の受験は不可能),在学中に挑戦するのであれば,やはり技術士補か土木技術検定試験が一番だと思います.

<ゼミ生の合格実績>

2011年度:技術士一次試験(建設部門)合格 1名(博士前期課程1年生)
2012年度:技術士一次試験(環境部門)合格 1名(博士前期課程2年生)
2012年度:土木技術検定試験(2級土木技術者)合格 1名(博士前期課程2年生)
2013年度:技術士一次試験(建設部門)合格 1名(学部4年生)
2015年度:技術士一次試験(建設部門)合格 1名(学部4年生)
2016年度:技術士一次試験(建設部門)合格 1名(学部4年生)

進路(大学院進学)

2016度までに77名の学部4年生の卒業研究の指導をしてきました.年度毎の差はありますが,37名(約48%)が大学院博士前期課程(修士課程)に進学しています.

環境問題や自然災害に関する理工学系の研究は非常に時間がかかります.3年生後期から約1年半の卒業研究だけでは短いかもしれませんが,大学院博士前期課程の2年を加えた3年半あれば,充実した成果が得られることはもちろん,理工学系の人材として十分な知性や,土木や環境分野の知識と技術のレベルを上げることができます.

この3年半は,"研究"を中心に,時間をかけて比較的自由に様々なこと("資格","ボランティア","サークル",など)に取り組むことができる,おそらく社会に出てからは経験できない貴重な時間です.

全国の理工学部の大学院進学率は40%以上と非常に高くなっています(国立大学の工学部は60%以上です).これは,理工学部では,専門分野に関する技能が習得できるだけでなく,大学院に進学することで様々なメリットが得られるからです.詳しくは,環境システムコースのページに記載しています.また,本研究室所属の大学院生へのインタビューも載っています.

進路(就職先)

卒業生は土木・環境系ゼミ出身者としての専門性を活かせる分野で活躍しています.

技術系公務員(土木職) (注) 国や地域の社会基盤整備を担う
建設会社の技術者建設や環境に関する施工を行う
建設コンサルタント会社の技術者建設や環境に関する調査・設計・分析などを行う
プラントエンジニアリング会社の技術者ソフトウェア/ハードウェア技術を利用して環境への影響を軽減するプロセス(水処理,廃棄物処理など)を構築する

(注) 技術系公務員については環境システムコースのページに詳しく載っています.

卒業生の進路(業種別)
公務員(土木) 国土交通省近畿地方整備局(II種&一般職)(3名),和歌山県(3名),大阪府(2名),兵庫県,神戸市,堺市,和歌山市(8名),岩出市,奈良市,八尾市,南砺市,豊中市,芦屋市,伊丹市
公務員(土木以外)和歌山県(行政),和歌山県警,松山市(行政),警視庁
建設会社(設備工事会社含む)ヒロセ,奥村組土木興業,ダイダン,精研,大林組
建設コンサルタント会社浪速技研コンサルタント,三菱マテリアルテクノ,イー・アンド・イー ソリューションズ,構造計画研究所
プラントエンジニアリング会社
(環境機器・素材メーカー含む)
栗田工業,前澤工業(2名),神鋼環境ソリューション,タクマ(2名),中外炉工業,ジャパン・エア・ガシス,石垣,共和化工,サニコン,鶴見製作所(2名),パナソニック環境エンジニアリング,アタカ大機,栗本鉄工所,東テク,日本空調サービス
その他富士通ソフトウェアテクノロジーズ,日立物流,ニッセイ情報テクノロジー,フォーバル,和歌山県医師共同組合,愛知銀行,三陽物産,島精機,ダイワ精工,ヤマダ・エスバイエル
他大学進学神戸大学大学院工学研究科,京都大学大学院農学研究科,横浜国立大学大学院工学研究科,佛教大学
卒業生の進路(年度別.大学院修了者(院卒)は学部卒業年度に記載)
01期生(学部00年卒) 国土交通省近畿地方整備局(土木,II種)(院卒)栗田工業(院卒),前澤工業(院卒),富士通ソフトウェアテクノロジーズ(院卒)
02期生(学部01年卒)神鋼環境ソリューション(院卒),浪速技研コンサルタント(院卒)
03期生(学部02年卒)和歌山県(行政),ヒロセ
04期生(学部03年卒)奈良市(土木)(院卒),八尾市(土木),松山市(行政),奥村組土木興業(院卒)
05期生(学部04年卒)南砺市(土木)(院卒),タクマ(院卒)
06期生(学部05年卒)日立物流,ニッセイ情報テクノロジー,フォーバル
07期生(学部06年卒)和歌山市(土木)(3名),中外炉工業(院卒),ジャパン・エア・ガシス(院卒)
08期生(学部07年卒)堺市(土木),豊中市(土木)(院卒),石垣(院卒),鶴見製作所(院卒),三菱マテリアルテクノ,和歌山県医師共同組合,神戸大学大学院(学生)
09期生(学部08年卒)和歌山県(土木)和歌山市(土木)(院卒),イー・アンド・イーソリューションズ(院卒),共和化工,サニコン(院卒),精研(院卒),鶴見製作所(院卒), パナソニック環境エンジニアリング(院卒),前澤工業(院卒),愛知銀行
10期生(学部09年卒)和歌山市(土木),三陽物産,島精機,京都大学大学院(学生)
11期生(学部10年卒)兵庫県(土木),芦屋市(土木),ダイダン,ダイワ精工,佛教大学(学生)
12期生(学部11年卒)和歌山市(土木),和歌山県警,アタカ大機,大林組(院卒),栗本鉄工所(院卒)
13期生(学部12年卒)和歌山市(土木),警視庁,横浜国立大学大学院(学生)
14期生(学部13年卒)和歌山県(土木),岩出市(土木),大阪府(土木)(院卒),タクマ(院卒)
15期生(学部14年卒)和歌山市(土木),構造計画研究所,ヤマダ・エスバイエル
16期生(学部15年卒)国土交通省近畿地方整備局(土木,一般職),神戸市(土木),東テク,日本空調サービス
17期生(学部16年卒)国土交通省近畿地方整備局(土木,一般職),大阪府(土木)
18期生(学部17年卒)和歌山県(土木),伊丹市(土木)

PAGE TOP